TOP > 社会 > 時代の正体〈393〉消せない加害の歴史 慰安婦像制作 | 時代の正体 | カナロコ by 神奈川新聞

時代の正体〈393〉消せない加害の歴史 慰安婦像制作 | 時代の正体 | カナロコ by 神奈川新聞

日韓首脳会談で安倍晋三首相が移設を求めたことで再び注目を集めた、慰安婦を象徴する韓国・ソウルの日本大使館前の少女像。作者の韓国人彫刻家夫妻キム・ウンソンさん(52)、キム・ソギョンさん(51)は静.....

ツイッターのコメント(26)

キム・ソギョンさん(51)は静かに語る。「加害責任に目を向けるのは難しい。それは日本だけではなく、韓国も同じ。でも、歴史を消すことはできない」。いま、韓国軍がベトナム戦争で起こした虐殺事件という加害の歴史をテーマに作品を制作している。

時代の正体〈393〉
韓国人彫刻家の思い 歴史と向き合う
「安倍政権は像に対して日本を害するもの、日本を攻撃するものだと考えていますが、そうではありません。歴史を記憶し、私たちの痛みを表現しているものなのです」

| 時代の正体 | カナロコ by 神奈川新聞
モニュメントを残すのはやり方としてはありだろうが、じゃあ時代はいつからにするの?古代、中世、近世、近代?あまりに不毛だし、それが事実上難しいから各国には学者がいたり、それを伝える場所があるんでしょ。なんか足を引っ張りあってるようで相手したくなくなるわ。
:「加害責任に目を向けるのは難しい。それは日本だけではなく、韓国も同じ。でも、歴史を消すことはできない」。いま、韓国軍がベトナム戦争で起こした虐殺事件という加害の歴史をテーマに作品を制作している。・・
そんなに慰安婦像作りたいならライダイハン像作ればいい。日本はお金も渡してますし、ライダイハンに対してなんの補償もしてない韓国自身をまずは内省すべきでは?
多くの人に読んで欲しい記事。
従軍慰安婦のブロンズ像を作る韓国人夫婦のインタビューです。
「平和の碑」をよく知らない人へ!

「悲しい歴史を記録し、おばあさんたちを癒やし、平和を願うための像なのです。それのどこが日本の威信をおとしめるというのでしょう。過去について心から謝罪し反省することが、どうして日本の威信を下げることになるのでしょうか」
反日ではない。加害責任から目を背けようとするのは自国(韓国)も同じ。過去について心から謝罪し反省することが、どうして国の威信を下げることになるのか。少女像が人々に問うているものとは何か。
キム・ウンソンさん、キム・ソギョンさん「加害責任に目を向けるのは難しい。それは日本だけではなく、韓国も同じ。でも、歴史を消すことはできない」(時代の正体   2016年09月21日)
これは是非読むべき記事。
有料なので途中までしか読めなかったけど、読める部分だけでも読む価値は高い。

「慰安婦像」の本当の「願い」がここに書いてある。
おぞましい過去を教訓として再び繰り返さないように生きるのか?そのおぞましさを正視出来ず無かったことにし再びそのおぞましさを体現してしまうのか?知性を求めたい〉
「加害責任を追及してきた新聞社に2千人を超える元兵士が抗議活動を行い、一部の参加者が輪転機を打ち壊す事件も起きた。」何処の国も同じだな。過去の過ちは認めないと。----
「悲しい歴史を記録し、おばあさんたちを癒やし、平和を願うための像なのです。それのどこが日本の威信をおとしめるというのでしょう。過去について心から謝罪し反省することが、どうして日本の威信を下げることになるのでしょうか」/神奈川新聞2016年09月21日付
「夫妻は今年、謝罪の意を表し、慰霊のための像を制作した。赤ちゃんを抱く母の姿をかたどったものだ。」

ほら。ベトナムのこともちゃんとわかってる人の作品だよ。あの像は。
「平和の碑」
私は「反日」の像でもないと思うしこの像を見ても少しも"不快"ではない。況してや日本人の名誉や威信が傷付けられるとも思わない。慰安婦制度を作ったのは日本の為政者、戦争指導者で日本人全体ではないから
ウンソンさん自身、自国が抱える負の歴史に向き合う難しさを感じている。「加害責任から目を背けようとするのは、韓国も同じです」(記事)
途中からは有料ですが。
「現代の偽文書」の話、読んでいただけているようなので、一つの背景になっているらしい「平和の碑(少女像)」についての、作者へのインタビュー記事(2015年)を貼っておきます。「それは反日ではなく、共感だ」「少女像は歴史を記録し、人々の気持ちを癒やすためにある」
この神奈川新聞の記事でも触れられているが、少女像の作者は「韓国軍がベトナム戦争で起こした虐殺事件という加害の歴史」をテーマにした作品も既に完成させ公開されている。「反日=日本攻撃が目的のプロパガンダ」という言いがかりが、いかに的外れか、事実を知ればわかる。
「加害責任に目を向けるのは難しい。それは日本だけではなく、韓国も同じ。でも、歴史を消すことはできない」いま、韓国軍がベトナム戦争で起こした虐殺事件をテーマに作品を制作している
同民族の中にも加害者がいる事に気づくべきだが・・・
「少女像」について同僚の記事。
何を伝えようとしている像なのか。
是非知ってもらいたい。
【時代の正体】消せない加害の歴史 「日本では『反日の象徴』と見なして反発する人たちがいるが、像の正式名称は『平和の碑』だ」
少女像は、という以上に、この夫婦の活動ら紛れもなくアートだと、この記事でようやく腑に落ちた。素敵な記事。夫婦のこの側面に丁寧にもっと光を当てて欲しい。
(メモ)有料記事だけど無料部分だけでも参考になる

「 慰安婦像制作」(カナロコ/神奈川新聞 2016.9.21 15:17)
↓作家さんは冷静にちゃんとしたお考えで作品を作っておられます。2016年神奈川新聞記事。やっぱり神奈川新聞は頼りになる👍

| 時代の正体 | カナロコ by 神奈川新聞
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR