TOP > 社会 > 車両内から保守作業 専用車を初公開 JR常磐線富岡−原ノ町間で検証へ | 河北新報オンラインニュース

車両内から保守作業 専用車を初公開 JR常磐線富岡−原ノ町間で検証へ | 河北新報オンラインニュース

10コメント 2020-08-06 09:18 | 河北新報キャッシュ

JR東日本水戸支社は5日、JR常磐線木戸駅(福島楢葉町)構内で、国内で初めて試験導入する保守用車「MMU」を報道各社に公開した。屋外で行っている保守作業を車両内で可能にし、作業員の負担軽減を目指す。 ...

ツイッターのコメント(10)

ありそうでなかった形態だなぁ。重い工具も吊り下げたらラクそう。   / ONLINE NEWS
JR東日本水戸支社は5日、JR常磐線木戸駅(楢葉町)構内で、国内で初めて試験導入する保守用車「MMU」を報道各社に公開した。屋外で行っている保守作業を車両内で可能にし、作業員の負担軽減を目指す。MMUはドイツ製で、移動作業車と材料運搬車の2両1編成。
JR常磐線富岡−原ノ町間で検証へ (河北新報オンラインニュース)
夏の作業には向いてなさそう…
絶対これ窓あっても炎天下に晒されてサウナ状態だろうな…
炎天下直ではないにしろ、対策はあるのかな。
これはすごいと思う。
頑張れば簡易空調つけれそう
(熱中症対策)だし

雨天時対策出来るし
水戸支社やるやん
そんでもってエアコンも付いてたら最強の現場。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR