TOP > 社会 > 原発事故後初、野菜を試験栽培 福島・双葉 生産再開へデータ採取 | 河北新報オンラインニュース

原発事故後初、野菜を試験栽培 福島・双葉 生産再開へデータ採取 | 河北新報オンラインニュース

10コメント 2019-09-03 10:45  河北新報

東京電力福島第1原発事故で全町避難する福島県双葉町の両竹地区で2日、野菜の出荷制限解除に向けた試験栽培が始まった。町は同地区などで来春の避難指示先行解除を計画中。県などはデータを得て安全性を確認し、生

ツイッターのコメント(10)

河北(9/4): 「双葉町の両竹地区で2日、野菜の出荷制限解除に向けた試験栽培が始まった。町は同地区などで来春の避難指示先行解除を計画中。県などはデータを得て安全性を確認し、生産再開への一歩とする考え」
絶対無理無理無理😱😱😱

原発事故後初、全町避難する福島県双葉町で野菜の出荷制限解除に向けた試験栽培が始まった。
町は両竹地区の来春の避難指示先行解除を計画中。
県などはデータを得て安全性を確認し、生産再開への一歩とする考え。
| /
なぞ〜〜〜〜〜

/ ONLINE NEWS
流通させず、はいいんだけど土と土いじる人の被曝線量ってまだちゃんと測ってるのかな…ガラスバッジとかうやむやになってないか心配。
なんと、双葉町ですよ!
借金で首が回らなくなり夜逃げ同然で北海道に開拓に行き、寒冷地でどこまで米が作れるか試した会津藩士のように汚染地でどこまで農業ができるか記録に挑戦でもしているのか?

 #福島 #双葉
#被曝
止めて(~_~;)⇒
| 河北新報
原発事故で全町避難する福島県双葉町の両竹地区で2日、野菜の出荷制限解除に向けた試験栽培が始まった。町は同地区などで来春の避難指示先行解除を計画中。県などはデータを得て安全性を確認し、生産再開への一歩とする考えだ。町内での野菜作付けは事故後初となる。
続き)  町は水稲の試験栽培も検討中だが用水などを確保できず、めどは立っていない。
県の要請で農作業する5人の被曝管理、被曝防護はどうなってる?
栽培された作物の汚染は気にするが
農耕に従事する農作業者の被曝には興味無いのか記事にもならん

<福島・双葉>野菜の試験栽培開始 避難指示先行解除にらみ | @kahoku_shimpo
<福島・双葉>野菜の試験栽培開始 避難指示先行解除にらみ | / ONLINE NEWS

→言葉が浮かばない
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR