TOP > 社会 > 二重行政か、すみ分けか 徹底比較 仙台市・音楽ホールと宮城県・新県民会館構想 | 河北新報オンラインニュース

二重行政か、すみ分けか 徹底比較 仙台市・音楽ホールと宮城県・新県民会館構想 | 河北新報オンラインニュース

12コメント 2019-07-28 07:29  河北新報

仙台市が整備を目指す音楽ホールと宮城県が検討する新県民会館が、類似点が多いとして「二重行政」と指摘されている。ともに2000席規模の施設を市内に建設する計画だが、想定する公演などのジャンルが異なるとし

ツイッターのコメント(12)

施設機能の代替性なども考慮すれば立ち止まるべきで、もはや国からの補助金目当てでしかない統合計画に宮城県美術館が巻き込まれるのは解せない。より高い文化価値が創出されるのならまだしも、その合理的説明さえないのだから。二重行政の指摘についてはこちらの記事を。
どうしたらこんな議論になるの。
ちゃんと考えてるの…?
青森のくだりとか、笑っちまったぜ。
県も市も全然わかっていない。。。。
/ ONLINE NEWS  その前に宮城野原駅を拡張しないとまずくない?楽天の試合後とかいっぱいで大変だよ?
河北新報記事中で、宮城県の有識者会議の座長として参加した本学の志賀野桂一特任教授が紹介されました。
民営化は?まちなかにあり築50年を超える電力ビルもそろそろ建て替え。電力ホール運営のノウハウある東北電力をバックアップするという方法もありそうな→
「ある委員は『東北最大』のうたい文句が興行誘致の利点になるとして『青森市文化会館(2031席)を1席でも上回った方がいい』と主張」、…これは目ウロコ。 / 仙台市・音楽ホールと宮城県・新県民会館構想(河北新報)
これは前にもツイートしているのですが,仙台市は当初ミューザ川崎のようなホールを目ざしていたのが,検討懇話会で「クラシック専用では利用が偏る」となったのです。この時点では新県民会館構想は具体化してなかったので,仕切り直せばいいだけなのですが無理なのでしょうか
宮城県と仙台市お互いが意地を張ってるようなものだし…
新県民会館の適地が仙台医療センター跡地になってるがプロ野球とライヴが重なったときの宮城野原駅は大丈夫なんだろうか?
仙台市vs宮城県のバトルバッチバチやんけ
/ ONLINE NEWS この話自体は前から聞いてたけど、音楽ホールの候補地の一つがWUG聖地の勾当台公園野外音楽堂あたりなんですよね…地図見て改めてはっきりした。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR