TOP > 社会 > <特区保育園>職員の半数退職、6人がパワハラ訴え「人格否定繰り返され、心身ともに疲れた」 | 河北新報オンラインニュース

<特区保育園>職員の半数退職、6人がパワハラ訴え「人格否定繰り返され、心身ともに疲れた」 | 河北新報オンラインニュース

15コメント 2018-11-04 06:38 | 河北新報キャッシュ

仙台市が国家戦略特区を活用して整備し、昨年4月に開園した「中山とびのこ保育園」(青葉区)で、園と園運営の社会福祉法人「中山福祉会」の開園時の職員全23人のうち、法人の事務局長と事務長、園長ら6人が前理...

ツイッターのコメント(15)

【】<特区保育園>職員の半数退職、

20181104 河北新報ONLINENEWS
保育施設はハラスメントの温床になりやすい。
保育研修を開けばその中に必ず複数被害を受けている保育士がいるレベル。
前理事長ってそんなに権限を維持してるの?→<特区保育園>職員の半数退職、6人がパワハラ訴え「人格否定繰り返され、心身ともに疲れた」 |
マネージメントを知らない昔ながらの勘違い年寄りが「長」をやって起こす典型の問題なんだろうけど、こういうの他にも一杯あるだろうな。<特区保育園>職員の半数退職、6人がパワハラ訴え「人格否定繰り返され、心身ともに疲れた」 |
このニュース最悪。
今働き方改革で残業やパワハラなどコンプライアンスに関して非常に厳しくなっているのに保育園のトップがまったくわかっていない。
保育士さんも二度と保育業界に戻ってこない可能性が高い。
結局被害者が子どもだよね。
<特区保育園>職員の半数退職、6人がパワハラ訴え「人格否定繰り返され、心身ともに疲れた」| 河北新報

事務局長だった男性(62)『園の備品不足に対する不満の声が保育士から上がると、前理事長は「お前が保育士を扇動している」と男性を批判し、園への出入りを禁じた』
いろいろと多難。子を預ける親としては不安でしょうがないだろう。同理事長が経営する花さいだんなどの社員も大丈夫なのか。<特区保育園>職員の半数退職、6人がパワハラ訴え「人格否定繰り返され、心身ともに疲れた」 |
仙台市が国家戦略特区を活用して整備し、昨年4月に開園した「中山とびのこ保育園」で、園と園運営の社会福祉法人「中山福祉会」の開園時の職員全23人のうち、法人の事務局長と事務長、園長ら6人が前理事長の男性=6月に解職=のパワハラを理由に退職していた
/ ONLINE NEWS
乳幼児に被害が行く前に防いだ大人達。皆んな黙って従っていたら、どうなってたいたことか。
国家戦略特区はヤクザの国家侵略だから全部国民虐殺スパイだぞ。
爆発的にニーズがある市場では、あんまり頭使えない人でも社長になることがある。
社員の立場に立って会社を作れない人でもね。

<特区保育園>職員の半数退職、6人がパワハラ訴え「人格否定繰り返され、心身ともに疲れた」 | / ONLINE NEWS
こういうのを”有毒な学校”というのでしょう。
| 河北新報
仙台市が国家戦略特区を活用して整備し、昨年4月に開園した「中山とびのこ保育園」(青葉区)で、園と園運営の社会福祉法人「中山福祉会」の開園時の職員全23人のうち、
開園1年で…。

「開園時の職員全23人のうち、法人の事務局長と事務長、園長ら6人が前理事長の男性(71)=6月に解職=のパワーハラスメントを理由に退職」「この6人を含む計12人が今年3月末までに退職」
|
事務局長だった男性が開園前、0歳児保育の受け入れは当面困難などと理事会で説明すると、前理事長から「お前は黙っていろ」と罵倒されたという。
そりゃあ、退職したくなるね。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR