トイレ監禁に袋叩き、外国人女児の壮絶いじめに教頭・校長が言い放った言葉 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

「子どもの人生を奪わないで」。今春中学生になったばかりのクルド人の少女・シェリルさん(仮名・12歳)は、小学校でひどいいじめにあっていた。卒業したいま、小学校に伝えたいことは? の質問に深く考えながら...

ツイッターのコメント(114)

これもそうだよな。
川口市のいじめ対応の不手際さはいじめ防止対策協議会でも再発防止のために取り上げるべきでは?
子どものいじめ再発防止を謳うならさ。
@brahmslover > 川口市の中学生小松田辰之輔さんの自殺。

この件も川口です。最近では夜間中学が開校したのに残念で仕方ありません。
警察が介入すべき。
ショックで悲しい。差別ってどこから生まれるのだろう。相手のことをよく知らないことへの不安が、恐怖になり、暴言暴力へとエスカレートするのだろうか。
親も子供たちも、幼い時から多様性の中で育てば、防げたのだろうか。それとも、虐待の連鎖だろうか。
どういう観点から見ても集団犯罪。この手のアプローチを知識として習得したら人として終わってる。
子供がいじめをするのは親のマネをしているから
親が大人が変わらない限り子供のいじめはなくならない
日本人として辛く恥ずかしい

外国人女児の壮絶いじめに教頭や校長が言い放った言葉
経験としては30数年前に日本の小学校にいた頃の方が先生は虐めに真剣に取り組んでいた気がする。自分も混血なので虐めを受けたことがあるが、一度相手をボコボコにして虐めは止んだ。おすすめはしないが強硬手段は時に必要。「外国人女児の壮絶いじめ」
組織犯罪を通り越して白色テロだな。加害者はもちろんの事その支持者もギロチンにかけられてしかるべきだ
外国人女児の壮絶いじめに教頭や校長が言い放った言葉 読んでてマジでもう胸糞しかない
日本人の本性=いじめ体質。美しさやおもてなしばかりではなく、『いじめの国ニッポン』を世界に発信しよう。〇外国人女児の壮絶いじめに教頭や校長が言い放った言葉
 
PR