【岐阜・ホームレス殺害事件】少年らの犯行をつぶさに見てきた「生き証人」の告白《前編》 | 週刊女性PRIME

3月岐阜市で起きた、未成年の少年5人によるホームレス殺害事件。被害者とともに生活をし、事件当日も最後まで一緒にいた“生き証人”である女性が語る、事件の全貌と、警察への不審ーー

ツイッターのコメント(52)

【昨年の今日】「岐阜・ホームレス襲撃事件:少年らの犯行をつぶさに見てきた“生き証人”の告白:前編」(北村年子/週刊女性200605)
「“ホームレス”を蔑視する差別意識に加え、さらに“女性”であるAさんを執拗に狙った性的ハラスメントでもあった」
公衆電話削減の話。
去年の三月に岐阜で起きたホームレス殺人、被害者は度々襲撃を受けていたが、警察に通報するには1km先の公衆電話に走ったり、コンビニに駆け込んで電話を借りるしかなかった。
【岐阜・ホームレス殺害事件】
【岐阜・ホームレス殺害事件】何度も投石を受けていた被害者 (週刊女性PRIME) - LINE NEWS
いやな話だ。
この事件についての写真展示が岐阜の友人のお店であります。
6月5日の記事。ペットと入居できる個室シェルター設立に着手という話をみてあらためて思い出した本件。記事の内容は、事件の発端のひとつにある女性差別を指摘。
これは殺人です。
私立朝日大学生たちが集団で、捨て猫を養うため20年ホームレスの渡邊さんを、何度も襲撃し殺しました。集団リンチ、ストーカー殺人です
【岐阜・】少年らの犯行をつぶさに見てきた「生き証人」の告白 @shujoprime
母なる野球の神聖を侵すものは全宇宙を律する超越的意思によって罰せられるのだ!
「渡邉さんは、紳士だった。たまに“もっと清潔にしてよ”って口喧嘩することはあったけど、私が嫌がることはしなかった。お酒もたばこもやらない。捨て猫たちの世話をして、働き者で、優しい人だった」
【岐阜・ホームレス殺害事件】《前編》
数日前昼休みに何気なく見た記事。どうにももどかしく悲しすぎる事件。
こういった事件の側面を報道してもらいたい。

猫や女性を犯行から庇って
亡くなった、渡邉さんのご冥福をお祈りします。
 
PR