TOP > その他のニュース > 荻原博子「新型コロナの景気後退で年金・中小企業が危ない」庶民ができる防衛手段は? | 週刊女性PRIME

荻原博子「新型コロナの景気後退で年金・中小企業が危ない」庶民ができる防衛手段は? | 週刊女性PRIME

10コメント 登録日時:2020-04-01 09:20 | 週刊女性プライムキャッシュ

世界保健機関(WHO)のパンデミック宣言から3週間。日本では五輪延期が決まり、都市封鎖の可能性も出てきた。経済へのダメージが広がる中、“世界同時不況”への不安が高まっている。生活防衛の手段はあるのだろうか──。...

ツイッターのコメント(10)

「政府は、少しでも消費を増やし景気の底上げを図るために緊急経済対策を練っています。でも私たちが今とるべき道は、借金をしないこと。少しでも減らしてください。そして節約をすること。現金をキープしてしっかりと家計を守りましょう。

荻原博子
大先生が随分なこと言ってますね😅

庶民の不安を煽りまくって、しまいには経済対策の給付金を貯蓄しろと⁉️

事業者を殺す気ですか⁉️
不景気になるとこの婆さん出てくるよな。

荻原博子「新型コロナの景気後退で年金・中小企業が危ない」庶民ができる防衛手段は?(週刊女性PRIME)
よくもここまでデタラメばかり吐けるもんだ。感心するわ。金融アドバイザーなんてロクなモンじゃねぇな。
TRANCEに使う金を減らさざるを得ないが生活のためにはしかたないな。
節約って言うんだろうなと思って読んだら予想以上の展開だった。
そう株価が暴落すると年金資金が毀損が発生する
安倍政権になって公的年金の積立金の70%はリスクのある株や外国債で運用し
更に郵便貯金の30%は為替変動リスクのある外国証券で運用
年金や郵便貯金さえも危ない
ワタシはこの方のファンではあるのですが、おっしゃることが大袈裟なんですね…😅

まぁ〜経済アナリストとはそんもんですがね…
危ないおばさんの年中行事。まぁ、今年に限っては目立たないだろうけれど。(笑)
以上

記事本文: 荻原博子「新型コロナの景気後退で年金・中小企業が危ない」庶民ができる防衛手段は? | 週刊女性PRIME

いま話題の記事