TOP > その他のニュース > 浅野忠信や佐藤浩市、ネット民の餌食に“政治的発言”芸能人の「危機と回避」 | 週刊女性PRIME

浅野忠信や佐藤浩市、ネット民の餌食に“政治的発言”芸能人の「危機と回避」 | 週刊女性PRIME

《1万2千円てバカにしてんのか?》というツイートが反響を巻き起こした俳優・浅野忠信。こんな政治的発言は彼だけではなくて……...

ツイッターのコメント(14)

問題は芸能人らが体制に「抵抗感」を感じたり「世界平和や環境保護などについて持論を展開すること」ではなく、「海千山千のネット民」が「格好の標的」に「ツッコミをぶつける」構図のゆがみ自体ではないのか。

浅野忠信や佐藤浩市、ネット民の餌食に
すごく上から目線で嫌な記事。こんなくだらない記事のアクセス数を伸ばしてしまったことに後で後悔。
醜悪な記事
芸能人にも言論の自由はあるはず。おかしいと思うことを言っていいと思います。そうやって、空気で押さえ込もうとする。←を扇動する人こそ、あちら側とかんけいがあるのかと勘ぐってしまう。
こうして戦前回帰するのが一番怖い。
今時「芸能人の政治的発言は問題!」とか取り上げてる記事の方がやばいでしょう。政治に危機感持ちなよね。
定額給付金12,000円の時は有難く貰いました。
しかし、その時と同じ額とは驚きです。
だって、現金バラまいても経済が回復しないからプレミアム商品券にしたのではなかったですか?
海外のアーティストや芸能人は自分なりの考えを明らかにして…政治的発言もしている。問題があるのは、むしろ権力者に忖度し、場合によっては真実をねじ曲げ隠蔽する日本のメディア>浅野忠信や佐藤浩市、ネット民の餌食に“政治的発言”芸能人の「危機と回避」(週刊女性PRIME)
賢いところを見せたいのはわかるけど、自身の発言によってショックを受けるファンがいるかもしれないのを意識するのがプロやわな。
不本意にした側ざる負えない状況下では、ストレスによってお腹に来る。
どんな考えを持とうが構わない。批判を気にするなら言わなきゃいい。そんだけの話。その点、ウーマンラッシュアワー村本は偉いと思う。
政権批判を減らす為に書かれた記事ですね。

浅野忠信や佐藤浩市、ネット民の餌食に“政治的発言”芸能人の「危機と回避」(週刊女性PRIME)
「ネット民」がネットユーザーの意味ならこの見出しは誘導的で、「ネトウヨ」と言うべきか。内容を読むに、@shujoprime は芸能人の政治的発言そのものに否定的と感じる。
しなけりゃいいだけの話よ
| 週刊女性PRIME
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR