TOP > その他のニュース > あおり運転・宮崎容疑者と“ガラケー女”の愛の巣がピンチ、手をつなげぬ2人の行先 | 週刊女性PRIME

あおり運転・宮崎容疑者と“ガラケー女”の愛の巣がピンチ、手をつなげぬ2人の行先 | 週刊女性PRIME

15コメント 登録日時:2019-12-24 22:10 | 週刊女性プライムキャッシュ

'19年8月に茨城県の常磐自動車道でおきた「あおり運転」は、今年を象徴する事件のひとつとなった。あれから5か月、女は先に釈放されたが、男はまだ出てきていない。そんな中、ふたりにある動きがあった、それはいったいーー...

ツイッターのコメント(15)

大阪の文を頭の中で黙読したら大阪のなまりで読んでしまう。不思議。論点違ってごめん
これはもう完全に事件とは関係無い単なる個人のプライバシーでは?
残念でもなく当然、クズの末路である
#あおり運転 

この人たち #大阪 だけでなく日本でも山奥にしか住めないだろうね。

ちょっと有名になり過ぎた。悪いけど…^^;



#警察
#事故
#交通違反
ヲィヲィ、ガラケー女ことキ××さーん釈放されたんかーい!ってか実家が川崎って、なるほど全てが納得!w
キモとさんも相当ヤバイ人家くだったと思いますがね
@Badboys2Men 自業自得。こんな気の荒い野郎に成ったのは我儘一杯に育てた親にも落ち度が有るだろう。
薄らハゲの発障親父と老け顔おばさん
手繋いでても誰も何も言わねーよ🤣
〉前出の大阪のマンション関係者は言う。

「宮崎容疑者は“社長”と呼ばれたいだけの不動産所有者で実質的にはプータロー。あの凶暴な性格は直らんよ。母親も手を焼いて怖がっていた。交際していた女性は大阪には戻ってこんほうがええと思う」

以上

記事本文: あおり運転・宮崎容疑者と“ガラケー女”の愛の巣がピンチ、手をつなげぬ2人の行先 | 週刊女性PRIME

いま話題の記事