TOP > その他のニュース > 写真で見せられない『孤独死』の現場をミニチュアで再現する26歳女性の挑戦 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

写真で見せられない『孤独死』の現場をミニチュアで再現する26歳女性の挑戦 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

189コメント 登録日時:2018-10-10 21:06 | 週刊女性プライムキャッシュ

茶色く汚れた布団、血で真っ赤に染まった風呂場、大量のゴミで埋めつくされた床――。目を背けたくなる衝撃の光景だが、これ、実は「孤独死」や「ゴミ屋敷」をミニチュアで再現したものだ。制作したのは遺品整理クリーンサービスで働く小島美羽さん(26)。...

ツイッターのコメント(189)

身近でも孤独死があった…
発見される少し前からゴキブリが増えて生臭い臭いがしてて…
そしたら上階で発見された…夏場だったのでドロドロだったそうです。
「大量のゴミの中に『週刊女性』を発見!」🌿🌿
やばい、私の部屋も着々とごみ屋敷化。
結構生々しいので閲覧注意で
IoTの活用で孤独死が無くなると良いな。
悪徳業者がどんなことをやってたのかが気になった

> 「私がこの仕事を始めたとき、業界では悲しみに打ちひしがれ疲れ果てた遺族につけこむ、悪徳業者がはびこっていて。許せないんです
これは考えさせられる記事。誰しも自分のラストなんて予想できないけど、若くても歳とって独り身でもこの現場のミニチュアをみると、連絡を取ってくれる人は大切だなぁっておもう😨
こういう方法で共有できるっていいな。
昔若かりし頃、福祉・介護の世界で働いていた時に配食の事務を担当(名前だけ責任者)したことがあって、昼なのに真っ暗な部屋(団地)でひとりで

| 週刊女性
私がこれになりやすい。
私が辛くて動けなくても誰も助けにはこなかった。
相談してた支援者も何も言ってこなかった。

障害福祉サービスは完全ではなくて、法律は人間味がなく法律通りに支援者が動けば孤独死なんて当たり前に起こる。
人間味を作り出すのは人間だけだから。
「誰かを亡くしてぽっかりと心に穴があいた方の話を聞くなどして、少しでも楽にさせてあげることができたらいいなと思ったんです」
すごい人だ。
ミニチュアだとショックが少ないかというと、そうでもないのは、私の想像力と再現力が恐ろしく発達しているせいだ。
孤独死、増えますよね。ひょっとしたら自分も、なんて思っちゃう。
小島さん、是非応援したい。
僕も警官時代に多くの現場に遭遇しました。

自分の親族には絶対『孤独死』させない、そのためにも各々が意識を持って習慣的に連絡を取り合う事が大事。
@shujoprime
なんかこういうの見ると切ないね
ヒトの致死率は100%
色んな亡くなり方があるんだけど

ゴミ屋敷の中で亡くなったり
孤独死って悲しいね

すごい頑張ってやると思う
でもお金のためにこの仕事してないって 言い切る所もすごいね。
考えさせられます。
自分の未来を見ているようでキツい
鮮烈
病院は清潔だけど、死は綺麗じゃない
これねぇ…。本気で他人事じゃないんですよねぇ。孤独死そのものは仕方ないとしても、死後できるだけ早く発見されないと周りの皆様に御迷惑をおかけしてしまうので…。かなり切実です。
すごい人だ。使命感がなければ続かない。/「これからゴミ屋敷は増えていくと思います」「掃除のやり方を知らない人が増えているんです。あと、ゴミの分別が厳しすぎて、それで捨てられなくなってしまう人も…。 /『孤独死』の現場をミニチュアで再現する26歳女性の挑戦
他人事じゃないって凄く思う。
家族や友達と頻繁に連絡。途絶えたら疑うくらいしか対処法ないかなと思う。
子あり、子なし関係ないもんね。
孤独死の現場をミニチュアで再現

グッとくる記事 リンク先写真微グロ?注意
孤独死は既婚未婚問わず、誰にでも起こりうる。出生は人生の墓場・・・現実的な事はどんどん公開するべき。今現在は誰にも迷惑かけないで生きていようが、死ぬ時には誰にも迷惑かけずに一人で逝く事はできない。
つくろうと思った動機ってなんだろうか
これすごい この人タフでかっこいい…戦士みたいだ 他人ごとじゃないのでけっこう来るものがある
mozuさんのような方もいらっしゃれば、こういう方もいらっしゃる。
の奥深さを感じます🤔。
"遺品整理クリーンサービスで働く小島美羽さん…「マイナスなイメージがありますよね…“呪われるよ”って言われたり…でも、自分が死んだ立場だったら、わざわざ片づけてくれる人を呪わないですから"
「「自分の体液が漏れたことによってあとから高額なリフォーム代が家族に請求されないように、床にはブルーシートが敷いてありました」。また、壁にはガムテープで“ゴメン”の文字が」……(´・ω・`)
写真では見たくないけど、模型なら見られる。孤独死ってこういう感じなんだね。。。
なんかこのミニチュア、実際にどこかで見たことあるな。
孤独死のタグがどれもなかなかだけど、田舎暮らしだし、遠くない未来に目の当たりにするだろうなあ /
よい。すごく好き。
1人の人間の生まれてから死ぬまでの時間だけを閉じ込めてギュってしてスポットライト当てたようなミニチュア。
孤独死は避けたい。
衝撃を受けました。
ミニチュアとはいえ見るのもきついですけど、今も日本のどこかで起きていることなんですよね…
他人事ではないです。
私かケネスのどちらかは孤独死になるから、ほんともう考えながら生きていかんとな思う。
すごいな…
私の未来の姿だと思う
TLに流れてきたので読んだら素敵な記事だった…切ない
事実を世間に知らせる貴重な仕事。
自分の孤独死は怖くないが、せめて他人に迷惑はかけたくない。
明日は我が身だな
俺が葬式屋に務めてた時にこれと同じ状況の死体引取り行ったわ。
地獄絵図やったしどうやって死体?液体回収するか途方にくれたわ。(笑)
いやだ。見たくない・・・
見つかるまで間が開いちゃうのはマズいわな
ドロドロにならないようにしよう。
仕事などで精神的に大きなダメージを受け続けると、部屋が散らかるのはよくわかる。
デフォルメ感の可愛さと、実際の状況から受ける印象は真逆。 / “ | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する”
もし自分が将来一人暮らしになった時、孤独死した場合のことを想定しておくべきですね
スープ風呂😅もはや都市伝説ではない。
こーわい。
考えさせられます。。
これは素晴らしい。法医学の貴重な教材になるのでは。>
伯母も浴槽で亡くなっていたが、幸い家政婦に早期発見されてひどい状態ではなかった。
こんな死に方は嫌だ。
スマートウォッチで、孤独死を感知して通報するシステムが作れるのではないか?ついでに、主の死亡と共にPCの画像フォルダを消去するシステムも…。
【週刊女性PRIME】
◇これね。遺品整理は普通の人のでも結構面倒な作業だから…
まして変死扱い者のは普通の業者はやらない仕事です。特殊業者にお願いしましょう。
記事文末、疲弊した遺族につけこむ悪徳業者を絶対つぶす!という気概に頭が下がる。でもお金のためにやって下さっていいです、こんな大変な仕事+α。
終盤の締め部分に「絶対つぶす!」なる文言がくるとは思わなんだわ
“本当にこんな現場があるの?”と驚いている方もいました。日本って平和じゃないですか。信じられないかもしれませんが、現実で起きていることです”…
現実→〔これからゴミ屋敷は増えていくと思います」と小島さん。「掃除のやり方を知らない人が増えているんです。あと、ゴミの分別が厳しすぎて、それで捨てられなくなってしまう人もいます」〕
凄いの一言だわー。
すごい。これ、すごい大事だ。
"最近は孤独死する若い人も増えています。" …ゴクリ
この方は立派だな…目を逸らさずにちゃんと向き合って、尚且つ啓発もしている。
何より技術がすごい。
出生ばかり持て囃すお花畑な現代だけど、こういう現実ももっと沢山報道していかないとダメだ。
情報量が多い。笑
全部ひっくるめて、すごく興味深い。
いつ死ぬか分かりませんし、どうにもならないことですが😓
リアルでなかなかの衝撃、孤独死は避けたいなぁ~(;´Д`)
壮絶。大変な仕事。自分の仕事なんか甘いもいいとこだと思い知った。比較するもんではないけれど。
孤独死を防ぐ、早期発見の秘訣かも?!
すごい女性。
ひとを選びそうな写真ですけどいろいろ考えさせられる
ワシの未来かもしれない。
あぁ。麻婆豆腐みたい

不謹慎✨
とりあえず少しロング入れて様子見。その間にこんなもの見つけた。技術力が凄い!
「エンディング産業展」その様なイベントがあるとは知らなかった。地元で開催なら行ってますね!重要視すべきイベントだと思います。
本当にこんなことが?孤独死の現場をミニチュアで再現する女性
知りたい人には良いかもなぁ。
現職で警察いた頃は当たり前で、感覚が常人とズレてしまっていたのかもしれないけど。
「失恋、仕事の悩みなど、精神的ダメージによって誰にでもゴミ屋敷になりうると話す」
この女性、そもそもミニチュア作るのうまいし、かわいいし、嫁に来て。/
ぽっくり逝きたいよなぁ…

とか呑気なことを思っていると、定期的にこの「ドロドロ」の話が目に入って来る。

生きるのも楽では無い。
そして、逝くのも楽では無いと襟を正す。
こういうのって大事かもしれない。
あぁ…人ごとじゃない気がする。
私もミニチュアの世界は大好きだし、趣味ではあっても製作に携わる身として、衝撃が半端じゃなかった

こんなの数時間やそこらで出来るものじゃない
込められた意図や思いかすごい
現場は本当にすごいです。
ぜひ作って欲しい現場がたくさんある。一歩歩くたびに足元で大量のゴキブリが「カサカサカサ・・」と動き回った地獄の変死現場を作って欲しい。

臭いもつけてみたらいいと思う 腐乱死体の臭いにもっとも似ているのは実はあの調味料
10年ほど前、イ○ンの貯水タンクで人が見つかった時もこんな感じだったのだろうか?
その水で作った弁当食べてたんですけど…(TдT)
ミニチュアにしようという発想もさることながら
このミニチュアを見るとこの人の観察力と技量が凄いと思う。
美しい死なんか孤独じゃなくてもない…
決して目を背けてはいけない現実に真っ向から向き合っており、かつアウトプットしている尊い仕事。
この話は悪徳業者許すまじという内容になっているのか。
>自殺する人は、亡くなった後のことを前もって調べることが多いようで、「自分の体液が漏れたことによってあとから高額なリフォーム代が家族に請求されないように、床にはブルーシートが~
もっと見る (残り約89件)

記事本文: 写真で見せられない『孤独死』の現場をミニチュアで再現する26歳女性の挑戦 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

関連記事