TOP > その他のニュース > 年収1000万円の生活を捨てた“元男性”尼僧、壮絶半生と性的少数者への熱き思い | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

年収1000万円の生活を捨てた“元男性”尼僧、壮絶半生と性的少数者への熱き思い | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

3年前に開基1300年を迎えた真言宗の総本山、高野山(和歌山県)。いまや外国人に超人気の観光地でもある。そこに、数奇な半生を歩む尼僧がいる。〈ジャーナリスト・粟野仁雄〉

ツイッターのコメント(33)

“元男性”尼僧の壮絶半生と性的少数者への思い
タイトルだけでおなかいっぱい。
一方で、永代供養施設を考えておられる人もいるのが、2018年の日本 /
クラウドファウンディングはダメかしら(--;)。
NHKで柴谷さんの特集を見たけれど、LGBT🏳️‍🌈の生きにくさを経験したからこそ動いてる柴谷さん。
それを理解しないお母様。
それでもお母様の面倒をみている柴谷さんのこの先が気になります。
頑張って欲しいな。
こういう人もいるんだねえ
元読売記者。岡山にもいたらしい。 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する
すごい苦労を伴って今にたどりつかれたんであろう。
生産性がないことに不徳の烙印を押した人がいたみたいやけどこの記事をよんでまだそんなことが言えるんかな
父親に送り付けたい。
絶対的な信仰心は完全否定の観念をも浄化するのでしょうか。
恐らく相容れ難い二つのイデア。
目の前に突き付けられたら....

ウォーー !!! \\\٩ (˚̀෴˚̀ ) ۶////
発狂しちゃったりして。
そういう人もいるんだ

くらいに考えられる時代に早くならないかなぁ。。

(´・_・`)
ザ・ノンフィクションに出てた人や
ご仏縁というのはあるんだなぁ。
『年収1000万円の生活を捨てた“元男性”尼僧、壮絶半生と性的少数者への熱き思い』


人間いつ死ぬか分からない。だから、自分らしく悔いのないように生きることが大切ということと、性別で人を差別することがいかに愚かかということを教えてくれている。
もともと読売の記者だったのか。あと埼玉大学には付属病院はありません。
なんか色々なことを知って感じた記事。
とってもたくさんの支えと励みになりますよね☆この方の活躍を心から応援します!!
讀賣新聞記者から在家で出家→ | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する
いろんな人がいていいのだと、素直に思える。
「基本的に同性愛者は子どもができないから供養してくれる人がいない」「ここでお骨を預かり永代供養ができれば、その収入で運営したい」
見た目、全然わからなんだ 見出しにあった「性的少数者」の方にばっか目がいってビアンの人かと思った
性的少数者でもないし差別意識もないけど、もう自分のメンヘラ具合に嫌気さして出家したいんだよね。マジで。
>基本的に同性愛者は子どもができないから供養してくれる人がいない。年齢が高くなるとこの悩みが出てくる

供養は死者のためにやるもんじゃないと思うけどね。自分の墓とか全く作る気ないわ
高野山は女人禁制男尊女卑とかいろいろ言われますが、多様性はすごいです。
御一読願います。
(∩´。•ω•)⊃ドゾー
自分に正直に 人生のキーワードだな🌻
年収1000万円の生活捨てた「元男性」尼僧 性的少数者への熱き思い
高野山の僧侶と言うか尼さんと言うか…しかも総本山で尼さんやってるって凄いわね…
「まだまだゲテモノ扱いする人たちも多い。」...杉田水脈を筆頭に自民党の議員どもはきっと、「人間のクズ」だと思っているだろうね。
ー 週刊女性PREME
週刊女性2018年8月7日(2018/7/28)
純粋に救済すればいいのだが・・・LGBT活動家勢力に使われて、LGBT活動家御用達にならないことを祈るばかりだ。でもな、LGBT活動家勢力に呑まれてしまうだろうね。

年収1000万円の生活捨てた「元男性」尼僧 性的少数者への熱き思い
「性善寺」さんの取り組み、注目しています…
杉田氏はどう思うのか。
以上
 

いま話題のニュース

24コメント 2 時間前 - note
もっと読む
PR