ケアマネの介護報酬の逓減制、45件から適用 厚労省方針 ICT活用など条件 | articles | 介護のニュースサイトJoint

ツイッターのコメント(11)

↑これ、専用ソフトなんて入れなくても、GoogleGroups+GoogleChat+ドキュメント・スプレッドシートの共有で良くない?
ICTを活用したケアプラン作成は効率化という点において評価できますが、雛形的になる懸念があります。
インテークやストレングスが軽視されないでしょうか🤔
現行の逓減制は40件から。適用されると基本報酬は半減となる。
ICTの整備にかかわる費用は、全部公費から出してくれるんだよね?

件数増えたんだから、リモートでモニタリングと担当者会議して、更新の制度なくして、必要な時だけ申請

ケアプランの長期目標、短期目標とも認定期間と同じ

研修は、随時ケアプランチェックして
朝からいいニュース

弊社大勝利の予感
>厚労省は今回、現時点で活用が想定されるICTの例として、
○ 関係者間で情報を共有できるチャット機能アプリを備えたスマホ
○ 訪問記録を随時記載できる機能があるアプリを備えたタブレット
来年4月から色々変わりそう。
さすがに人数制限撤廃はないと思ってましたが😅

やはり増えそうですね💦

作成書類を減らし、担当する人数を増やす。的な方向ならまだしも、どうなる事やら、、、😱
生徒一人一人に目が届くように30人学級が目指されている今日、こいつらの頭の悪さは実に度し難いな。相手はハプニングも起きる人間、ICTの効果は限定的なんだからリミッター外す前に報酬上げて経営安定させたれや‼️「効率化」して仕事を増やすしか考えない生産性クズめが。
ケアプラン持ち件数上限が5件UPの方向へ✨事務効率化を図ることが条件のようです👋
う〜ん( ・᷄д・᷅ )
わからんでもないけど、たぶん、仕事だけ増えて給料増えずになりそうかな?
ICTで45件もいいんだけど

労基法で月の勤務日数は約20日なのだから

まじめに毎月訪問して、サービス担当者会議も開いていたら、どうなるのだろう。

40件→20件
にして
報酬を倍にした方が
より良いケアに繋がると思うのだけれどなぁ。

もちろん、抱え込みは罰則付きで。
以上
 
PR
PR