TOP > 政治・経済 > リハ職の訪問看護、介護報酬の適正化を検討 厚労省 来年4月の改定で | articles | 介護のニュースサイトJoint

リハ職の訪問看護、介護報酬の適正化を検討 厚労省 来年4月の改定で | articles | 介護のニュースサイトJoint

《 社保審・介護給付費分科会 22日 》 理学療法士などリハビリテーション専門職が提供する訪問看護の介護報酬について、厚生労働省は来年4月の改定で一部を“適正化&...

ツイッターのコメント(21)



スタッフの8割以上をリハビリ専門職種が占める
「訪問看護ステーション」が一部にあるが
「医療ニーズの高い重度者への24時間365日対応を行う」
という訪問看護ステーションに期待される
要支援の方への訪問してるリハ職って何をしてるんでしょうね…

私が知ってる限りはマッサージとお散歩がメインです

そんなことやってるから問題視されるんです

看護協会が強いとか、政治力の差が…とか言ってないで、自分たちのやっていることを省みる必要があります。
訪問サービスを必要としている人のニーズにあっていれば比率は何でもいいと思います。
ニーズが無いのに別のことを無理に提供することの方が問題だと思います。
利権の取り合いね。昔、関連してる某医師の方が「訪看は療法士を外車に乗せるためのものじゃない」と、結構公の場で言ってたのを思い出した。
どうなることやら。。。
何度も言うけどこの場にリハ職能団体の代表が誰もいないことが問題。政治力大事
>
委員からは、「利用者・家族のニーズもある。リハ職の訪問看護が良くない、ということでは必ずしもないように思う」との声もあがった。
医療も、介護も、障害福祉も

「評価」= 
点数、単位数アップもしくは算定要件の緩和化

「適正化」= 
点数、単位数ダウンもしくは算定要件の厳格化

正確に読み取っていけば国のニードがわかる。
訪問看護ステーションから 訪問リハビリが 訪問看護の名目・報酬で 行われているので 適正化は当然 ちなみに訪問リハビリは 292点(20分) 運動器リハビリが170点(20分)くらい
とうとうハシゴ外される時が来たか…
リハビリ職の存続が難しいのかも……?
看護師足りないやろうし、リハビリ職が簡単に看護師資格取れるようにしたら……どうなんだろう?
結局看護師の詳しい仕事内容わからんしなぁ。
これ事実なら確かに多いかも

“昨年度、訪問看護費の総請求回数に占めるリハ職のサービスの割合は53.9%にのぼり、15.8%だった2009年度から10年間で大幅に高まったと指摘。”
身体介助は訪問看護の仕事じゃないという精神科の訪問看護も算定基準考えてほしい。身体介助も必要な利用者はいるんだよね
リハ職中心の訪看多いけどどのラインを適正のラインに持ってくるのかな🤔
前の事業所
リハステーションなんだよな…
社長兼管理者が看護師なのに
看護はどこに行った?と思っていた
訪問看護の役割的にリハと看護の割合って大事だと思う
実施なら影響を受けるかも🙄

厚生労働省はリハ職の訪問看護・介護報酬の適正化を検討
来年4月の改定で一部を“適正化”する方針


/.bot
とても重要な事。
メルクマールになると思います
これもずっと言ってるけど

訪問リハビリテーション

という事業があるのに

何故

訪問看護

にセラピストを配置
しないといけないのか?

という本質的問題を無視し続けるのかな?
看護協会さんに押しきられる感じですね 看護職員さんの働く場所を、と 数で負けますね
いい傾向だと思う
リハの比率めちゃ高いステーションが躍起になってNs.引っ張り込む未来が見える
ステーション存続の為にNs捕まえに行くってNs舐めとんのかいな
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR