TOP > 社会 > コロナ収束ほど遠く 変異株拡大「局面変わった」―初の緊急事態宣言から1年:時事ドットコム

コロナ収束ほど遠く 変異株拡大「局面変わった」―初の緊急事態宣言から1年:時事ドットコム

昨年4月に新型コロナウイルス対策で初の緊急事態宣言が発令されてから7日で1年。収束の見通しが立たないばかりか、変異ウイルスの流行もあり「第4波」突入が現実味を帯びる。ここにきて国民の間の「緩み」が表面...

ツイッターのコメント(16)

なんも変わってない。
同じこと繰り返してるだけ。小学生でも分かるで。
初の緊急事態宣言から1年たって、色々とデータと傾向が分かってきてるのに、未だに自粛や時短などを言ってる時点でもう日本の専門家の言う事はおかしいって分かるべき。
だいたい一年前にウイルスが消滅する可能性が指摘されたって事が本当なら、専門家でも何でも無いだろ💢
こいつらのせいです!

 変異株拡大「局面変わった」―初の緊急事態宣言から1年:時事ドットコ
“政府の専門家会合メンバーは「局面が変わった」と断言。首都圏で広がれば過去にない「感染爆発」につながる”

↑まだ間に合うかも、今のうちに頻回スクリーニング検査を!
ずるずる感染が広がり、市民もゆるゆる、悪循環だね!そのうち制御不能になったらロックタウンするでしょ...
>政府関係者は、経済の実情を考えれば当時の解除判断はやむを得なかったと断りつつ、こう悔やむ。

感染収束こそ経済政策です。「やむを得なかった」って、そのあと莫大な損害出しているのに言い訳がましい。純粋に判断ミスです。検査のだめ押しも欠かせない。
(第1次緊急事態宣言の解除時)
>専門家から「6月中旬まで続けるべきだ」との意見が相次いでいたのだ。

>さらに3週間程度行えば、欧州経由とみられるウイルスが消滅する可能性が指摘された。
ここにきて国民の間の「緩み」が表面化。

だそうな。政府側の「身内の気の緩み」のほうが目立ってるようにも見えるけど?
昨年の春先、検査絞り、
なんとなく、乗り切った。
解除前まで適切に検査
せず、次の波は何度も
押し寄せている。

1年経過しても対策は
不十分のままで
昨年4月に新型コロナウイルス対策で初の緊急事態宣言が発令されてから7日で1年。収束の見通しが立たないばかりか、変異ウイルスの流行も ...
緊急事態宣言を解除したことが緊急事態
なんでもうちょい期間を延ばさんかったんやボケ
ならば一刻も早くオリパラを中止するのだ。
変異株拡大「局面変わった」―初の緊急事態宣言から1年:時事 「尾身会長「昼夜問わず人流が増え、変異株の問題もある。以前より厳しい状況に直面している」…のだから、分科会も官邸を忖度してる場合ではない…でしょうに。
昨年4月に新型コロナウイルス対策で初の緊急事態宣言が発令されてから7日で1年。収束の見通しが立たないばかりか、変異ウイルスの流行もあり「第4波」突入が現実味を帯びる。ここにきて国民の間の「緩み」が表面化。対策の効果が表れにくくなってきた。
ちょうど1年なんですね
二兎を追う者は…。
---
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR