TOP > 政治・経済 > 「別姓反対」丸川五輪相に反発 地方議員へ阻止要請:時事ドットコム

「別姓反対」丸川五輪相に反発 地方議員へ阻止要請:時事ドットコム

丸川珠代五輪担当相が自民党の保守系国会議員有志とともに、選択的夫婦別姓の実現を求める意見書採択を阻止するよう文書で地方議員に呼び掛けたことが分かり、反発を招いている。ジェンダー平等は五輪の理念の一つで...

ツイッターのコメント(295)

唇の薄い女だな。自分は別姓(夫の姓は大塚)を通しておいて夫婦別姓に反対している。説明責任を果たさない。

< 地方議員へ阻止要請>2021年03月01日

*/*
選択的夫婦別姓論者の自民党・野田聖子が「私たちは個人の思いで国会議員になっているわけではなく代弁者だ」と丸川珠代にクギを刺したそうだ。
選択的夫婦別姓論者の野田がなぜ日本会議国会議員懇に所属してるんだろう。世の中複雑。
「ジェンダー平等は五輪の理念の一つで、丸川氏は男女共同参画担当相も務める」  なるほどそこでもオリンピックが顔を出すのだな
>別姓導入により「家族単位の社会制度の崩壊を招く」などと指摘している

何がどう社会制度の崩壊を招くのか具体的に説明して欲しい
納得できる説明をただの一度も見ていない
丸川氏の適格性を問う声は 党派を超えて広がりを見せる。
時事でこういう記事が出るようになったのは時代の変化と言えるかもしれない(遅すぎるが)。選択的夫婦別姓の導入に反対する層が抵抗勢力扱いされている。まあ、実際そうなんだけど、今までそこに忖度してことが前に進まなかった。
女性差別問題で五輪担当相に就任したのが、安倍周辺のウヨ系女性議員・丸川なんだから、自民党の世間の舐めっぷりは異常。
【 地方議員へ阻止要請:時事ドットコム】
I'm just wondering why so many inappropriate people do inappropriate jobs within this government. It's totally insane. Japanese government seems to want to make itself malfunction
国会議員として地方議員で圧力かけるのはOKなのに?!
「なぜ選択的夫婦別姓に反対なのか」福島みずほ議員の質問に、丸川大臣「個人としての意見で大臣としての意見ではない」と回答。
丸川珠代
大臣就任前とはいえ、議員/公人として『選択的夫婦別姓制度』問題で地方議会に働きかけ圧力かけたんだよ
答弁に答えて欲しいね
別姓反対署名は「個人の信念」。五輪相は職務で、信念と逆でいいという。さすが自民党でオジサンたちに媚を売り続けてきた「ホステスさん」。男女平等参画も五輪相も只の「お仕事」。組織委にも「ホステス委員を増やそう」
枝野幸男代表は26日の会見で「(菅義偉首相の)任命責任が
問われる。自民党では選択的夫婦別姓は不可能だと裏付けられた」
⇒昨日の記事ですがこれが本当なら反対派は全員が自民に
投票すれば良いですね
サヨク連中への号令か。
こうしてメディアが扇動し、自分達に都合の良くキャンペーン張るのが、奴らの常套手段。
驚きの事実。聖書には羊の皮をかぶったオオカミというのがいたが、我が国には、女性の皮をかぶったおじいさんがいらっしゃった。
時事通信ニュース: 地方議員へ阻止要請.


別性制度で崩壊する家族なんざもう崩壊してるんじゃないかね。
この件、よくよく考えると何が悪いんだろ。

党の看板を背負ってるわけだから、国政と地方議員で認識の共有がある事は何もおかしくない。
選択的夫婦別姓に反対 丸川担当相の連名が波紋
男女共同参画担当相が反対している?
何か問題でも?

男女共同参画と夫婦別姓は別問題。
男女平等と夫婦別姓は別問題。

だからなんの齟齬もない。
共同参画と別姓は関係ねぇだろ
丸川議員、守らないとまた、メディアリンチと反日からのネットリンチで愛国心ある議員を失うことになる。
『 地方議員へ阻止要請』

ジェンダー平等を広めるためではなく、元の姓でないと問題が発生する方を減らすための方が良いと思うのですが、、、
例えば看護士の場合、お相手が転勤のため免許を更新する必要があるが、それまで届け出を出せない等。
ツッコミどころが多すぎてw
の質問
「夫婦別姓を地方議員
に賛同しないで
と言った事に対して
どう思うか?」
と聞かれて
「議員個人個人の意見は
尊重されるべき」
どんだけバカなの?

呆れるよ

に言えよ
丸川男女共同参画担当大臣は夫婦別姓と男女共同参画条例に反対している日本会議関連団体の会員です。
全く意味不明です。信念を貫くなら担当大臣か日本会議関連団体どちらかを辞めるのが筋では?
選択的夫婦別姓の問題はジェンダー平等と関係のない問題だろう

姓の選択に関しては同権が認められている
男性の姓に揃えることが多いということが男女不平等に見える理由であって、そこを是正すれば夫婦同姓でもジェンダー平等の点からの問題は解決する
氏は何をされたいのでしょう。

今のご自身のお立場を考えれば、全く不要な行動。

余程の意志がなければ、こんなリスキーなことしませんよね。
メモ"野田聖子幹事長代行は25日のインターネット番組で「私たちは個人の思いで国会議員になっているわけではなく代弁者だ」と丸川氏にクギを刺し、同党幹部も「保守層に良い顔をしたいのだろうが、失うものの方が大きい」と不快感を示した"
「夫婦別姓」が日本の「文化」なのだから
こじつけで「ジェンダー」の問題を掛け合わせているだけだと思う



✅日本の伝統的な家族観を崩壊させ家族軽視の風潮を助長し家庭を崩壊させる恐れがある
国会議員が地方議会に口を出す形はいかんやろ。この人のやってることと言ってることもチグハグ感ハンパない。
夫婦別姓が目指すのは個人の尊重なんかではなく
家族崩壊と戸籍制度解体・・・・(ーдー)
断言できる‼️このようなこと言う人は保守でも保守系でもなく進歩リベラル
「家族単位の社会制度の崩壊を招く」
↑こんな事考えてたんだ。。
社会の都合優先で、勘違いの可能性も高いのに、よくもまあ言えるわな。。
夫婦別姓の話がジェンダーフリーの話とごちゃ混ぜにされて、ぐちゃぐちゃ。
マスゴミの世論誘導がひどいね。
第二次大戦前と変わらないのでは?
選択的夫婦別姓に反対の信念を持つ人が男女共同参画担当相を務めるのは不適格でしょう。
現行法に従うしかなく信念と仕事を分離できる官僚とかとは違って、現行法を変えること=別姓導入に強く関与できる立場なんだから…
マスゴミは何にでも着火する放火魔的存在
ポリコレ狂いが甚だしい

🇺🇸米国の様に元々かなり左傾してて、トランプ大統領が少し中道へ戻そうとした位の国なら分かるが、🇯🇵日本をそんなポリコレ国家と一緒くたにしてくれるな!

🇺🇸米国ですらミシェル・オバマ/ジル・バイデンだぞ
政治家が自分の信念で個人の選択の自由を狭めてはいけないということ。
丸川珠代五輪担当相。
自身が言ってる事とやってる事が真逆。
こんな事は大臣に据える前に分かる話だし、そんな簡単な事すら把握せず人事を行う事がもはや笑い話。
また、日本政府は醜態を晒し世界の恥になった。
五輪相に就任した丸川珠代は、男女共同参画担当相で入閣前に選択的夫婦別姓に反対するよう地方議会に圧力をかけていた。丸川も日本会議議員懇メンバー。なお、日本会議は女性天皇にも夫婦別姓にも「ジェンダーフリー教育の横行」にも反対している極右団体。
そもそもスポーツに男女の問題を持ち込むこと自体おかしいだろ…
純粋に余計な事を考えずに選手達がフェアな戦いを出来るように専念すればいいだけの話。
ちゃっかりオリンピックに政治を絡めてくんな!
なぜいつも明後日の方向の問題を持ち込んでくるのか…
「丸川氏は男女共同参画担当相も務める。適格性を問う声は党派を超えて広がりを見せる」
➡️海外報道で騒ぎになったら、辞任の可能性も出てくる。五輪相留任を取るか、男女同姓にこだわるか、二者択一だ。
この人を新大臣に据えた時点で「あ、政府与党、五輪諦めたな」と思った。勿論世論に対する当てつけみたいな人選でもあると思うけど
丸川大臣の考えとしては、

選択的夫婦別姓(戸籍上の夫婦別姓)
→反対
旧姓で社会活動(戸籍上は夫婦同姓)
→賛成・容認

なのだろう。

夫婦は、必ず夫の姓にしなければならないわけではなく、妻の姓を選択する事もできるのだから、不平等でも何でもないんだよな。
個人の信念に反する仕事を受けたというのであれば不首尾の責任を問われることになる即ち仮に在任中に選択的夫婦別姓の実現に至らなければ政府の政策の実現を故意に妨害する背任行為が行われた疑いが極めて濃いということになるし任命した者も同罪になるということだ
この五輪が日本にも男女平等論を巻き起こすきっかけになったのは、紛れもなく最大のレガシーだと思う。
これって森元氏に感謝すべきなのか?
問題児ばかり要人にする自民党、野党、国会議員には閉口する。
自民党の本音だし
だいたいこの人も確か日本会議でしょw
そんな人が今世間的に求められてる男女平等なんて望むわけ無いじゃんww
男女共同参画担当相ってのが既にギャグとしか思えん
あまりにもどうでもいいからあんま知らんのやけど選択的夫婦別姓とジェンダー平等がどう関係あるのか全然わからない
丸川の姓自体が戸籍法上の名ではなく、婚姻前の別姓使って国会議員やってるんだけどね。
一方、選択的別姓の立憲蓮舫議員はツイッター上の名前はrenho_sha。国会でも謝蓮舫と名のってもいいのでは?
誰でもいいけど、ずっと五輪周りの「わきまえる女」が森喜朗あたりと二人羽織しているクソマンガを考えてた。
もっと見る (残り約245件)
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR