TOP > 政治・経済 > 水際対策違反、氏名や国籍公表 在留資格取り消しも―政府:時事ドットコム

水際対策違反、氏名や国籍公表 在留資格取り消しも―政府:時事ドットコム

政府は水際対策強化の一環として、14日以降の帰国者・再入国者に対し、14日間の公共交通機関不使用や自宅待機、位置情報の保存について誓約を求める。違反した場合、氏名や国籍を公表する。在留資格がある外国人...

ツイッターのコメント(41)

> : >

公表する必要はないだろ…資格取消&強制退去で十分でしょ…何考えてんだろ…。
「法律上の根拠がなくても」

カルトの本領発揮。
これが自民党員、公明党員創価学会員。
崩壊し過ぎて怖いんだけど、これあまりにも酷くてスクショしちゃったよ…
「加藤勝信官房長官が14日の記者会見で明らかにした。加藤氏は氏名公表などの厳しい措置について「法律上の根拠がなくても、行政上の合理的な目的があり、方法も相当であり、先方の同意も前提としている。許容され得る」」
おいおい法律無視を堂々と語るな官房長官
加藤官房長官「法律上の根拠がなくても、行政上の合理的な目的があり、方法も相当であり、先方の同意も前提としている。許容され得る」
この国は法治国家だ。法律の根拠なき事を是認してはならない。
店も人も病院も晒し者にしたいらしい。
今は行政府の立場だが、菅さんも加藤さんももともとは立法府の一員として国民の負託を受けてるわけでしょ?なんでこんな鉄骨偽装みたいなことできるの?
とうとう「法律上の根拠がなくても」という言葉が、政府高官のオンレコ発言で出てくるようになったぞ

冗談抜きで、こういう輩に政権持たせちゃいかん
加藤氏は氏名公表などの厳しい措置について「法律上の根拠がなくても、行政上の合理的な目的があり、方法も相当であり、先方の同意も前提としている。許容され得る」と説明した。
法的根拠がないのにやるなんて、法治国家失格ですね。繰り返し言うように、力の行使は無力さの表われなんですよ。その4。
法的根拠なくても。。。法治国家とは言えない。→  在留資格取り消しも
氏名公表などの厳しい措置について「法律上の根拠がなくても、行政上の合理的な目的があり、方法も相当であり、先方の同意も前提としている。許容され得る」と説明|ルール破る気はないけど、法律上の根拠はいるでしょ。
誓約を拒否した場合について何も書かれていない。記者も加藤もバカなのか。
加藤氏は氏名公表などの厳しい措置について「法律上の根拠がなくても、行政上の合理的な目的があり、方法も相当であり、先方の同意も前提としている。許容され得る」
法治、とは……🤯

引用) 加藤氏は氏名公表などの厳しい措置について「法律上の根拠がなくても、行政上の合理的な目的があり、方法も相当であり、先方の同意も前提としている。許容され得る」と説明
加藤勝信官房長官「法律上の根拠がなくても、行政上の合理的な目的があり、方法も相当であり、先方の同意も前提としている。許容され得る」
氏名国籍晒し、資格取消や強制退去できる合理的目的がどこにあるの。法的根拠ないと、違法行為として集団訴訟されるけどいいのかな。
ほらほらこんなことになってきてる…。
ゆるゆるの水際対策やっといてこれな。責任はすべてこっちにあると?
こんな理屈が通るなら、特措法の規定に関わらず、時短要請に応じぬ店舗名の公表だって可能になってしまう。
合理的な目的がある場合でも法的根拠は不可欠だ。
 在留資格取り消しも
記事読んでびっくり。法的根拠なしにやろうとしてるの?
そんな国、あんまりないと思うよ。
これじゃ、ホントに無法国家。
散々国籍隠しておいて今更感あるけど、やらないよりまし
ウィルスキャリアになる確率は国籍を問わず等しいのに、外国籍者にのみ罰則を上乗せしていませんか?
 
「違反した場合、氏名や国籍を公表する。在留資格がある外国人については、資格取り消しや強制退去手続きを取ることもあり得るという」
これは大賛成だが、本来、昨年の最初の緊急事態宣言の際に導入すべき措置だったと思う。こうやって法改正無しに出来るのなら、何故やらなかったのだろうかとも思うが、過ちては改むるに憚ること勿れ、なので評価したい  在留資格取り消しも―政府
コロナの水際対策で必要であるのならば「外国からの入国」を一律に止めるべきで、「外国『人』の入国」を止めるのは間違っています。ましてや、氏名や国籍を公表することはマイノリティである外国系市民への差別扇動です。この国は外国人をモノ扱いしている現れです。
晒せ晒せという方針。しかも外国人だけ過重な処分も。
法的根拠すらない不平等。
法的根拠はないとのこと。また外国人には同じことでも過重の処分を科すという、いやらしさ。
国籍?やはり今まで隠蔽していたんだね。お役所の大本営体質は戦前から変わっていないね。嘘つき役人たち。>>>
「法律上の根拠がなくても、行政上の合理的な目的があり、方法も相当であり、先方の同意も前提としている。許容され得る」

いやいやいやいやいやいやいやいやいや
最近、医療が「医療崩壊」なら、行政は「法治崩壊」に至りつつあると思うの。。

『加藤勝信官房長官は…「法律上の根拠がなくても、行政上の合理的な目的があり、方法も相当であり、先方の同意も前提としている。許容され得る」と説明した。』
やればいい、いい、が、本文中にある位置情報の保存を義務付けるみたいなやつ、これやれるなら5月に国内全員にやっとけば誰も苦しまなかったやん。今更やってもガス抜き程度の意味しかないやろ…
加藤官房長官「法律上の根拠がなくても、行政上の合理的な目的があり、方法も相当であり、先方の同意も前提としている。許容され得る」←????????????????????????????
加藤官房長官は、
『「法律上の根拠がなくても、行政上の合理的な目的があり、方法も相当であり、先方の同意も前提としている。許容され得る」と説明した。』

法律がなければ許されないですよ。
14日間の公共交通機関不使用や自宅待機、位置情報の保存について誓約を求める。違反した場合、氏名や国籍を公表する。在留資格がある外国人については、資格取り消しや強制退去手続きを取ることもあり得るという。

↑位置情報?
「法律上の根拠がなくても、行政上の合理的な目的があり、方法も相当であり、先方の同意も前提としている。許容され得る」って怖いこと言ってる→
「「法律上の根拠がなくても、行政上の合理的な目的があり、方法も相当であり、先方の同意も前提としている。許容され得る」と説明した」

無法国家。
行政は法律に基づいて活動するんじゃないのかね?法律にはないけど名前を晒すよー、なんて有り得ない。
“「法律上の根拠がなくても、行政上の合理的な目的があり、方法も相当であり、先方の同意も前提としている。許容され得る」と説明”
法律の根拠なく、何が相当だ、ふざけるな。何やってんだよ。
日本国籍保持者だと氏名公表というのもたいがい酷いが、外国籍の場合は国籍指名に加えて在留資格取り消し・退去強制の措置を取るってなんでここまでするの? 処遇を変えるのは明白な差別政策では。
加藤氏によると、昨夏以降、順次往来を再開した11カ国・地域からの入国者は13日時点で約13万人(速報値)。うち陽性者は183人(同)だった。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR