TOP > 政治・経済 > イタリア、議員定数3分の1削減 国民投票で可決:時事ドットコム

イタリア、議員定数3分の1削減 国民投票で可決:時事ドットコム

【パリ時事】議員定数削減の是非を問うイタリアの国民投票(20~21日実施)は、ANSA通信が22日伝えた開票結果によると、賛成約69.9%、反対約30.0%で削減案が可決された。これにより、次回の総選...

ツイッターのコメント(14)

いくらなんでも、定数削減論者も都市国家の政治文化と強力な自治を受け継いだ地域、地方自治体のイタリアと本邦を安易に比較することはないと思うが>
日本でも見かける主張の実現。
真逆の増やして薄める論含めて議員主導で実効性疑問ですが
その他の副作用の懸念含めて、成り行きは気になる。
議員定数3分の1削減とはスゴイです。
コストを理由に議員を減らせという人が多いが、それなら日本はまず政党交付金を廃止すべきです。議員報酬は合計約450億、しかも議員を多少減らしても大して削れない。政党交付金をやめたら約300億が浮くのです。

【 国民投票で可決】
イタリアで議員定数削減の是非を問う国民投票が行われ、ANSA通信によると賛成約69.9%、反対約30.0%で削減案が可決されました。これにより、次回の総選挙から上下両院の議員定数は3分の1以上削減されます。
解散総選挙と同時に日本でもこうするべき時ですね。
生産性も低く、コストばかりかかる。
口利き、キックバック率の調整でコロナ対策も置き去りに
第三波への備えはまたも国民に丸投げか?
日本の議員定数の削減はどうなった?
日本もやれ😇
ファッショでの失敗の教訓は活かされない。
"議員定数削減は、連立与党の一翼を担う新興左派政党「五つ星運動」の公約。この結果、議員定数は下院が現在の630から400、上院は315から200となる"
議員定数削減の是非を問うイタリアの国民投票(20~21日実施)は、ANSA通信が22日伝えた開票結果によると、賛成約69.9%、反対約30.0%で削減案が可決されました。
減らせばいいもんだとは思わないけど、凄い。
国民投票できるのが羨ましいな。
日本は衆議院 465名、参議院248名
削減後のイタリアとあまり変わりません。
議員定数の削減は、経費削減だけの問題ではありません。議員の数が少なければ、それだけ国民の声も届きにくくなる
"結果、議員定数は下院が現在の630から400、上院は315から200となる。政府は、削減の効果として年間1億ユーロ(約120億円)の予算節約を見込んでいる"
(時事) 国民投票で可決09/22
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR