TOP > 社会 > わいせつ教員検索、3年から40年に 懲戒免職で免許失効者―文科省:時事ドットコム

わいせつ教員検索、3年から40年に 懲戒免職で免許失効者―文科省:時事ドットコム

文部科学省は15日、児童生徒に対するわいせつ行為などで懲戒免職となった教員のデータを検索できる内部ツールについて、検索可能な期間を3年から40年に延長すると発表した。ツールは各地の教育委員会などに無償...

ツイッターのコメント(12)

@MegJoytoy 最近、教員のデータ閲覧が3年から40年に変わったので、わいせつした人は実質的に採用されるのは難しいかもしれません!
何故今までこれが出来なかった?信じられない。
💢わいせつ教員検索 3年から40年に 懲戒免職で免許失効者 文科省 🔺こんな聖職者は社会から抹殺し日教組なんか解体せえよ‼️
文科相の会見を聞くと、わいせつに限らず失効者すべて40年分の閲覧が可能になると。さらに、きちんとそういう人の免許を失効させることが重要かと。うやむやにしているところもあるよね。 ―
40年ってどうしてそうなった :
性犯罪者を全員検索可能にして、職種絞り込み機能があるのがベスト。
——
『 懲戒免職で免許失効者―文科省』

やっとですか
いくら何でも、3年はあまりにも短すぎた
安心して子供を預けられないですよね…

:時事ドットコム
よっしゃオラーーーー!
延長は喜ばしいけど、元の3年ってあまりにも短過ぎるし、教育委員会が検索しなきゃ意味ないってことだよね
もっと根本的な対策はないの?
免許失効者は40年間、教育委員会から検索可能になる。
どんな議論になっていくんだろう。
3年から40年、これは大幅改善だが過去データは補充してあるんだろうか
文部科学省は、児童生徒に対するわいせつ行為などで懲戒免職となった教員のデータを検索できる内部ツールについて、検索可能な期間を3年から40年に延長すると発表。ツールは各地の教育委員会などに無償で提供しており、処分歴を隠して別の教委に採用されるのを防ぐ狙いです。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR