TOP > 社会 > 首相動静(8月1日):時事ドットコム

首相動静(8月1日):時事ドットコム

午前8時現在、東京・富ケ谷の私邸。朝の来客なし。 午前中は来客なく、私邸で過ごす。 午後4時10分、私邸発。 午後4時22分、官邸着。午後4時31分、菅義偉官房長官、西村明宏、杉田和博両官房副長官、北村滋国家安全保障局長、和泉洋人、長谷川栄一、今井尚哉各首相補佐官、樽見英樹新型コロナウイルス感染症対策推進室長、森健良外務審議官、鈴木康裕厚生労働省医務技監が入った。同32分、加藤勝信厚労相が加わった。同39分、西村康稔経済再生担当相が加わった...

ツイッターのコメント(36)

土曜日は1時間だけ仕事
首相動静
8/1 夕方1時間ほど側近とおしゃべり
8/2 渋谷で散髪 だけ

国の一大事に中枢がまったく機能していない。
私利私欲にまみれた能無しが国を治める典型例。
歴史でよく聞く話がこの現代にも実在するとは…。
早く
お仲間のみ。
集合写真に写る人間の名前を一つ一つ書き出していくゲーム。
この国難の中、きのうの勤務、正味1時間25分。
ちなみにきょうはゼロ分。

#安倍やめろ

首相動静(8月1日):
どうしてこの人は何も発信しないんだろう。感染報道であふれる毎日のニュース、自治体首長の動き、国民や自営業者の嘆きや不安、怒りなどを見て何も感じていないんだろうか
日本のコロナ対策は、 から。
菅官房長官によれば、総理は新型コロナウイルス防止策を積極的に取り組んでいるとのことだ。土曜日の動静をみると午後4時過ぎに自宅を出て午後6時過ぎには帰宅。確かに個人的にはSTAY HOMEを積極的に取り入れている。
国会は開かないが、いつも悪だくみ会議はやっている。
でもコロナ下で国民を守ることはしないようだ。
#安倍やめろ
土曜日とはいえ、今の局面で1時間「仕事」で終わりか。
首相動静、8月1日。


午後4時31分、菅義偉官房長官、西村明宏、杉田和博両官房副長官、北村滋国家安全保障局長〜
午後5時47分、官邸発。

この危機に、1時間半程度のお仕事😓
は?🐙
@tanutinn 朝日はいつも官邸を出た時間がわからないんですよね…😅
午後4時22分官邸着、午後5時47分官邸発、滞在時間を見てもたった1時間25分😱
それぞれと話してる時間は本当に少ない😖

国民にはGoToと言いながら、ご自身はステイホーム!
この時期にこれで大丈夫なのでしょうか?
この緊急事態に一時間ほどの楽なお仕事です。
昨日も夕方に1時間だけ官邸。威勢のいい会見すらしなくなった。
いつも思うのは、同じようなメンツで毎回何話してるのだろう?その割に一歩も進まないコロナ対策。無能
→また実績づくりのためだけに、僅か30分だけ働いた。と言っても次々と人にあっただけ。挨拶を受けた程度だ。
この野郎は、コロナ対策なんてやる気ないだろ?
昨日(8/1)の安部首相の労働時間は、20分ということ・・??
土曜とはいえ現状でこんな感じなの?てか、体調悪かったら辞めてもええんやでw
で、塀の中でしっかり療養しなっせw
官邸へお茶でも飲みに行ったのか?
雲がくれ晋三の一日

 
 午後4時10分、私邸発
 午後4時22分、官邸着
 ・・・・・・・
 午後5時47分、官邸発
 午後6時8分、私邸着
首相動静(8月1日)抜き書き

午後4時31分以降、ガースーほか色々な人に会いますた。
午後5時47分、官邸発。
午後6時8分、私邸着。

アベノマスクから脱皮w
85分間だけ官邸に来て帰宅。
昨日は2回もあった数十秒の「暗記コメント収録」ですが、本日はありませんでした。

さっさと退陣させましょう
@gosan_15 国会開かないで夕方ちょろっと官邸行ってるだけの
現総理には全く説得力が無いですよね。
今日は2時間も働いてないね
気楽なゴミ分ですこと。
相変わらずヒマそうだ。
すでに夏休みだ。
えっ?何をしに?

首相動静(8月1日):時事ドットコム
日本全国で感染最多が報告されている中で、夕方16時になってようやく官邸に出勤かよ、クズが。


午前8時現在、東京・富ケ谷の私邸。朝の来客なし。
午前中は来客なく、私邸で過ごす。
午後4時10分、私邸発。
午後4時22分、官邸着。
午前8時現在、東京・富ケ谷の私邸。朝の来客なし。


ワーケーション?

首相動静(8月1日):時事ドットコム
今日も暇そうですな。
午前中、来客なくすごすって、新型コロナ感染者か東京都で今日は472人だよ!
やはり安倍晋三、調査するならお前のアタマを徹底検査してもらった方がいいんじゃないか?…🤣⤴️🤣
8月1日(土)の午前中、安倍晋三・首相は私邸でのんびりお過ごしのよう。そろそろお得意(?)の、家庭でのんびりの様子を動画で配信しますかあ?w
お腹いたいんかな
きょうも午前は安定の引きこもり。
以上
 

いま話題のニュース

PR