TOP > 政治・経済 > 国家公務員法改正、廃案で調整 政府・与党が方針転換:時事ドットコム

国家公務員法改正、廃案で調整 政府・与党が方針転換:時事ドットコム

政府・与党は22日、国家公務員の定年を65歳に引き上げる国家公務員法改正案を廃案にする方向で調整に入った。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う民間の雇用環境の急速な悪化を踏まえ、見直しが必要との判断に転...

ツイッターのコメント(27)

黒川が辞職すると連鎖して国家公務員法改正案と検察庁法改正案が廃案になる。これはつまり政府がやりたかった事が「一律定年引上げ」ではなかった。世論の強い反対さえなければ「内閣判断の定年延長」で第2、第3の黒川を生み出したかったということだ。
国家公務員法が廃案になった
よかったよかった
コロナ前、コロナ後では経済状態が全く違う
検察法がぽしゃり、先回りした政府は新たな失点を免れたかな🐻🍎
国民が声を上げれば政治が動くことが実証されました。これは、経済対策でも同じだと思います。
65歳定年の導入は少子高齢化が進む中、働く意欲と能力があるシニアの就業機会を確保するのが目的だなどと言っていたはずが、それはどこにいったのだろう?
この数日で雇用環境が急速に悪化したらしい。
国家公務員の定年延長なんて束ね法案にする以上の意味はないという自白ですか。
検察庁法改正案が見送りになったことで、一見勝ちに見えた立憲民主に焦りが見える(笑)
自治労らに...(笑)
もう誰の為やったか認めとる様なもんやん🤭
検察庁法案廃案にするの、国家公務員の定年延長やるつもり最初からなかったよって言ってるのと同じだよね。やるなら束ね法案から外してできるし"やっぱ黒川さんありきの法案だったじゃん"をここまで明快に示してくれるの、分かりやすすぎて笑っちゃった
定年延長の給料等はどーなるの?税金ですよ税金!
安倍「私の勝ちだな。今計算してみたが、立憲の支持率は自治労の怨嗟に引かれて落ちる。貴様らの頑張りすぎだ」
あらら(・・;)
安倍による検察権の私物化という無謀な野望は、twと麻雀によって、急転直下、潰(つい)えたのであった。twと麻雀のタイミング良過ぎ。/
これは…。当の人がいなくなったら速廃案ということなのかな。そうだとすればあまりにもロコツ。
うわー
これはw
官庁の面々大激怒じゃん
野党の検察法案潰しで
公務員だけ
あげられないよねって
いや束ねを辞めてそっちは進めようよ
野党が反対してない方もろとも廃案とか
火種を残さず 議論すればええやん
苦手分野が「議論」で
どうやって国際社会でやっていくんだろうね
与野党共に「検察官も含めた国家公務員の定年延長は必要」というコンセンサスはとれてたでしょ?黒川氏登用が不可となった瞬間に廃案って法案を内閣の利益の為だけに使ってる。
自民党支持者も怒らないと!

 政府・与党が方針転換(時事通信)
@lasar141 お望み通りの結果なんですかね……
今回の改正案を廃案にしたところで、特定野党が危惧する「検察組織への恣意的な人事を可能にする法律」は、現行法の中に存在しているのだから、廃案の何に喜べばいいのだろう。
そうかー。廃案かー。
ところで、この結果を聞いてお怒りになるのって、どこのだれで。
それの後ろ楯で政治活動してる党ってどこでしたっけ。
安倍内閣は、国政の軸がなくなっていますね。新コロナはこの法案を出すときに既にあったはずですから。
民間は60歳超えたら嘱託で給料大幅減になるから、公務員が優遇されず良かった。
そもそも60歳過ぎた役人を定年遅くすれば、若者、新入生の雇用が失われる。

 政府・与党が方針転換(時事通信)
はい、新型コロナの深刻な事態の中、政府自民党公明党と補完勢力維新は、こんな不要不急なことに多大な時間労力税金を浪費しているのです。
つい数日前まで、この改正案のまま押し切る姿勢だったのに……黒川検事長のための改正案だったことを自白するようなものじゃん……
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR