TOP > 社会 > 八ツ場ダムが完成へ 構想約70年、水害・渇水対策―群馬:時事ドットコム

八ツ場ダムが完成へ 構想約70年、水害・渇水対策―群馬:時事ドットコム

国が群馬県長野原町で建設を進めていた多目的ダム「八ツ場ダム」が31日に完成する。建設計画が浮上した1952年以降、旧民主党政権時代に事業の是非が議論となるなどの曲折を経てきた。建設費用は約5320億円。4月1日から本格的な運用が始まり、利根川下流に位置する首都圏の治水と水源確保などに活用される。...

ツイッターのコメント(22)

このダムは、民主党政権によりいったん建築中止が決まったが、政権再交代により竣工した。ただし5千億円という建設費は投資効果に全く見合わない。民主党は工事続行の上、第三者委員会で、政治家と官僚の責任を明確化すべきだった。
構想約70年、水害・渇水対策 「「コンクリートから人へ」を掲げた旧民主党政権では、前原誠司国土交通相(当時)が建設中止の方針を打ち出し」・・前原は外相時に外国人献金問題あり、尖閣問題でも追い返さず逮捕して強硬な習政権誕生に繋がった。
民主党政権で税金のムダ遣いだからと工事が止められていた八ッ場ダムが完成するそうですね。良かった。今後の治水効果に期待します。
「コンクリートから人へ」とかふざけたことぬかしてた奴らがいまはモリカケサクラとぬかしてる
手洗いが重要な時期に渇水になったらシャレになんねえもんな。
結局工事中に見に行けなかったなぁ
悪夢の 政権の妨害はあったが完成した。コンクリートから人へは誤りだった。命を失う愚策だった。
豪雨で放流なんてなければいいけど…
遂に21世紀の戦艦大和が進水か。
#水害対策
#八ッ場ダム
このダムの工事を中止した政権がありました。自分的には国策としての治水事業はお金のみで判断してはいけないと考えさせられたダム工事でした。
完成したら行きたいところのひとつ
の象徴のひとつ。
七十年未完でも問題無かったとしたら、もう治水の必要性は相当ゼロに近かったんじゃないのか…😑元は台風の直撃が理由だったとしてもさ…😑
おおー。長かった。:
やっと完成したのか。民主党政権じゃなくて良かったな😏
あれ、まだできてなかったのか。去年の台風で活躍したからできたもんだとばっかり思いこんでいた。

『八ツ場ダムが完成へ』
ついに完成したんだ
紆余曲折、そして完成間際でまさかの大活躍! -
21年の東京五輪では水道需要の急増が見込まれる。このため、水害・渇水対策としての効果が

え?

 構想約70年、水害・渇水対策―群馬:時事
以上
 

いま話題のニュース

PR