TOP > 社会 > 原発推進派、各国で勢い 「温暖化対策に有効」―東日本大震災9年:時事ドットコム

原発推進派、各国で勢い 「温暖化対策に有効」―東日本大震災9年:時事ドットコム

原発推進派が世界各地で勢いづいている。2011年3月の東京電力福島第1原発事故以来、逆風にさらされてきた原発。温室効果ガス削減を求める「パリ協定」が今年始まるなど脱炭素化に向かう動きが本格化する中、潮目が変わりつつある。 「温室ガス削減に真剣なら、排出ゼロの技術を無視することはできない」。オーストラリア下院環境エネルギー委員会は昨年12月、法律で禁止された原発について、導入の可能性を調査した結果を公...

ツイッターのコメント(11)

日本の電事連も「CO2、温暖化対策に原発をッ!」って息巻いてるけどだいぶ胡散臭い。詭弁だと思う。
原発に関しては、こんなニュースが。気候変動が進む中、皮肉にも、原発推進派が、息を吹き返してるという記事。ただ、やはり、原発は、事故のリスクが大きすぎるし、それに、廃炉しても、 核燃料の行き場がない。難しいよなぁ。
おい出羽守、出番だぞ
日本の反原発界隈がますます孤立して、更なるデマを流しまくって支持を失うばかりの、まさに負のスパイラル。
この人達はもともとリベラルな環境保護運動家で、地球温暖化回避の他に、貧困国への平等で平和的な資源・エネルギーの分配も訴えている人達だよ。それも余さず記事に書いて欲しいね。

 「温暖化対策に有効」―東日本大震災9年
まあ、理想主義みたいなアホが増えたら現実主義によるバックラッシュも起きるよな。
へえ~シュピーゲルがドイツでも原発見直しみたいなこと書いたかね~~~(AERAみたいなもんだと思ってくれ)
「温暖化対策に有効」 "温室ガス削減に真剣なら、排出ゼロの技術を無視することはできない" 石炭火力が電力全体の約6割を賄うオーストラリアや理念先行の脱原発を進めるドイツでの変動について記事には記載。まぁ、当然の動きかと。
原発はその場しのぎでしかない。さらに高熱源体の原発では、現在のように熱を籠もらせるようになった状況では、さらに温暖化を助長しかねない。
日本では事故後、新規制基準に適合した原発が順次再稼働を開始。政府は17年度に3%だった電力全体に占める比率を、30年度には事故前の水準に近い20%超まで拡大する目標
以上
 

いま話題のニュース

PR