TOP > 国際 > 上海・武漢便で水際対策強化 指定感染症の検討も―新型肺炎で厚労省:時事ドットコム

上海・武漢便で水際対策強化 指定感染症の検討も―新型肺炎で厚労省:時事ドットコム

11コメント 登録日時:2020-01-22 07:14 | 時事ドットコムキャッシュ

新型コロナウイルスによる肺炎患者の拡大を受け、厚生労働省は水際対策を強化する。感染者が多発する中国・武漢市に加え、同市に比較的近い大都市の上海市からの航空機も対象に、体調不良の申告を求めるカードを近く乗客に配布。訪日客が増える24日からの春節(旧正月)連休を控え、警戒を強めている。 同省によると、上海便では、体調不良の人に自己申告するよう促す健康カードを配布。武漢便はこれに加え、発熱などの症状の有...

ツイッターのコメント(11)

@btcscalper225  指定感染症の検討も―新型肺炎で厚労省

“同省担当者は今回の肺炎について、「現時点では死者数が少なく、毒性は低いとみている」として、指定の具体的な検討には入っていないと説明する”
今回の肺炎はまだ法令上の位置付けがなく、仮に国内で感染が広がっても入院などの強制措置は取れない。
@stan_Ladybird

このニュース画像に日本アビオニクスのサーモグラフィーがね!?
まだ具体的な検討にも入ってないってこと?動き遅すぎるんじゃない?
まだ具体的な検討にも入ってないってこと???動き遅すぎ
・新型肺炎の水際作戦。20年1月22日。武漢からの直行便の乗客に質問票。せきや発熱、解熱剤の服用の有無を把握し検疫官に提出。潜伏期間は平均7日程度。武漢市からは週に計38便が到着。約5700人。上海からは400~500なので10倍以上。感染症法指定を受けず
@jijicom
中国人観光客の入国禁止をさっくり決めた北朝鮮の強さ。
CDCのない日本、疫学にはてんで弱いんだから、この時期だけでも飛行機止めると言う判断は無いのかな。
そろそろ他人を守るための(自衛ではない)マスクの正しい使い方と手指衛生法をメディアや企業が周知しないと感染拡大に間に合わない気がする。受験シーズンなのに。→
指定感染症の検討も―新型肺炎で厚労省
以上

記事本文: 上海・武漢便で水際対策強化 指定感染症の検討も―新型肺炎で厚労省:時事ドットコム

いま話題の記事