TOP > 国際 > スー・チー氏、国際司法裁出廷へ ロヒンギャ迫害で説明―ミャンマー:時事ドットコム

スー・チー氏、国際司法裁出廷へ ロヒンギャ迫害で説明―ミャンマー:時事ドットコム

【バンコク時事】ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問は8日、西部ラカイン州のイスラム系少数民族ロヒンギャに対する掃討作戦がジェノサイド(集団虐殺)に当たるとして、ミャンマー政府が国際司法裁判所...

ツイッターのコメント(11)

イスラム協力機構(イラン・イラク・マレーシア・アフガン・アフリカ諸国など)は国際司法裁判を起こした。軍の一部が不当な行為があったことは認める
これもミャンマー側の意見を取材しないと事実がわからない

 ロヒンギャ迫害で説明
一方のみの問題ではなかろう。ロヒンギャ武装集団なるものが存在している以上、テロリストの潜伏は否定しようがない。ロヒンギャ側にテロと決別する意思がなく、またその意思統一を図る組織もない。/
 ロヒンギャ迫害で説明―ミャンマー:時事
ロヒンギャ迫害で説明―ミャンマー  
ロヒンギャへの掃討作戦がジェノサイド(集団虐殺)に当たると、ミャンマー政府が国際司法裁判所に提訴されたのを受け、口頭弁論が開かれるオランダ・ハーグに向けて出発。スー・チー氏自らが説明する。
こっちも気になるニュース
ICCではなくICJなのだな…
ロヒンギャ迫害で説明

沈黙を続けて来たアウンサンスーチーが少数民族迫害について語る
口頭弁論は12月10日から #世界人権デー
ガンビア🇬🇲がミャンマー🇲🇲を提訴
沈黙を続けて来たアウンサンスーチーがロヒンギャ虐殺について語る。
被告席での国際舞台
ノーベル平和賞受賞者に相応しい行動を期待しよう
ここで何を言うかでこれからの
世界がChinaとの対応も変わってくるかもしれん
ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問は、イスラム系少数民族ロヒンギャに対する掃討作戦が集団虐殺に当たるとハーグの国際司法裁判所に提訴されたのを受け、口頭弁論で自ら説明します。
ロヒンギャ迫害で説明―ミャンマー
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR