TOP > 政治・経済 > 政権奪還へ受け皿づくり 国民民主党の前原誠司元外相―与野党論客に問う:時事ドットコム

政権奪還へ受け皿づくり 国民民主党の前原誠司元外相―与野党論客に問う:時事ドットコム

―安倍晋三首相の通算在職日数が史上最長に。 理由は二つ。1次政権の反省に立って改良を加えたことと、旧民主党政権に期待した人の「結局ダメだった」という失望感が今も続くことだ。 ―政権の評価は。 マネジメントはうまい。党重鎮を主要ポストに据えて挙党態勢を構築し、派閥バランスを取って安定した内閣をつくった。2年に1回くらい選挙をして相手を疲弊させ、結果的に安倍一強体制となった。 ―政策面では。 世界...

ツイッターのコメント(37)

@nyafkamotto 毎日新聞の記述以外に、前原さんが合流推進派であると言う根拠はありますか?

先月のインタビューでは連立を主張していたので、毎日新聞の間違いではないかと私は思います。
@ueeeevo @nyafkamotto すいません、私が勘違いしていました。
リベラル保守が維新と組んで、リベラル左派がれいわと組んで、勝ったら連立、っていってますね。
維新れいわと話をすべきに気を取られていました(;・∀・)
安倍政権の分析・評価を読むと、流石しっかりと見てるなと思った。
『一挙に一つになるより、リベラル保守とリベラル左派の大きな二つに分かれて選挙協力し、自公に対峙(たいじ)するのが現実的』という視点。まさに自公連立のように。
割とまともな認識なのではないか?(政)
ここ最近の日本の政権の状況解説で1番的確。最大野党が桜を見る会を批判するレベルなのが現状。
今日は前原議員のインタビュー記事を読んだだけに、国民民主党のこの要求は残念。全然「リベラル保守」の政党じゃない。
「時間をかければ自分達の主義主張が多数派になる」という考え方は甘すぎる。なぜ自民党のように様々な考えの議員が派閥を作って共存するやり方を取れないのか。
政局勘✕なんだから政策だけやってろ

前原「勝てば連立を組めばいい。立憲と国民だけまとまればうまくいく状況ではない現実は直視すべきだ。リベラル保守は維新とリベラル左派はれいわ新選組と協力する。そこまでウイングを広げそれが一緒になるのは国民からは理解不能だ」
言うだけ番長!!゜゜(´O`)°゜
@jijicom
まだわかっていないようですね。。。そんな団体で政権が維持できると思いますか?
言いたい事はわかるが じゃその前に 自主返納法案に賛成した 後始末しましょう。そうでないと お互いの信頼を得る事出来ないと思う
>一挙に一つになるより、リベラル保守とリベラル左派の大きな二つに分かれて選挙協力し、自公に対峙(たいじ)するのが現実的だ。
立憲民主党=ボルシェビキ(旧社会党/総評)、国民民主=メンシェビキ(旧民社党/同盟)。根っこは一緒でも、立憲は官公労中心の急進左派、国民はフェビアン社会主義を標榜する、民間労組中心の中道右派。これを頭に入れないと、旧民主党の激しい路線対立は理解できない。
>2年に1回くらい選挙をして相手を疲弊させ、結果的に安倍一強体制となった
>国の借金は膨れ上がり、地方の疲弊は止まらない

この他人事感、本当に「永遠の書生」って感じ
野党の中でリベラル保守とリベラル左派に分かれて協力するのは現実的かも知れんね。野合は何度やってもバラバラになる。
国民民主党の前原誠司元外相
「国会議員を始めとした議員全ての報酬を半額にします」と訴えて実行したら国民民主党がトップに立てるよ?
まず国民民主党の議員全員の報酬半額にしてみ?行動したら票はついてくる。
国民民主党の前原誠司元外相―与野党論客に問う:時事


あなたが自民党に帰るのが、多分最も早いんじゃないの?
【事務局よりご案内】

先般、時事通信より取材を受けました。
以下にてご覧頂けますので、是非ご一読ください。
寝ぼけた事言ってないで
八ッ場ダムとニューオオタニに
謝って下さい‼️
このシリーズ、各党/会派のキーパーソンにインタビューしている訳だけれども、岡田克也さんと比較して、前原さんのものは のカラーが良く出ているよね。

この論調に賛同できる人々の数は、決して少なくないはず。
国民民主党所属議員「共同会派を組んだ後の戦略が見えない。いまの立憲、国民両執行部にはそれがない。」
何だかんだと言って、悪夢は二度とゴメンだ
残党に託す酔狂もおるまい
かと言って他にいないから、長期政権となる
野盗がクズ過ぎ、嫌になる
この方は困難な事態で逃げ出すイメージがあって好きになれないが、冷静な意見を述べている。
時事通信社 


標題も寝惚けているが前原氏には何のために政権を取るのかが全く感じられない。
国民民主党の前原誠司元外相―与野党論客に問う:時事ドット
>(衆院選で)勝てば連立を組めばいい。立憲と国民だけまとまれば、うまくいく状況ではない現実は直視すべきだ。リベラル保守は維新と、リベラル左派はれいわ新選組と協力する
まだ国会議員辞めないの?
国民民主党 前原さんが安倍政権に対して、的確な発言してる

―安倍政権の評価
 マネジメントはうまい。
 ―政策面では。
 世界経済の好調さと異次元の金融緩和でよく見せているが、実質賃金は下がり格差が拡大している。
 ―外交の評価は。
 長いことによる安定感はある。
“(安倍政権の政策面)
世界経済の好調さと異次元の金融緩和でよく見せているが、実質賃金は下がり格差が拡大している。国の借金は膨れ上がり、地方の疲弊は止まらない。根本問題は解決せずに先送りし、どんどん日本の体力が弱っている。憲法改正は現実に何をしたいか見えない”
その皿は割れてるがな
維新やれいわと組むという発想はほぼ同じ(れいわは少し躊躇いあるけど)
消費税に関しても別に減税万歳みたいな姿勢は取ってなくて安心できた。
政党支持率は、自民党が前月比2.6ポイント増の30.1%でトップ。立憲民主党は同2.7ポイント減の3.1%で、公明党の3.7%を下回った。以下、共産党2.0%、日本維新の会1.3%。社民党とれいわ新選組はともに0.6%、国民民主党とNHKから国民を守る…
"(衆院選で)勝てば連立を組めばいい。立憲と国民だけまとまれば、うまくいく状況ではない現実は直視すべきだ。リベラル保守は維新と、リベラル左派はれいわ新選組と協力する。そこまでウイングを広げ、それが一緒になるのは国民からは理解不能だ。"
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR