TOP > 政治・経済 > 「現代金融理論」ケルトン教授、左派サンダース氏の顧問に=米:時事ドットコム

「現代金融理論」ケルトン教授、左派サンダース氏の顧問に=米:時事ドットコム

56コメント 登録日時:2019-04-17 07:30 | 時事ドットコムキャッシュ

【ニューヨーク時事】政府が借金をいくら膨らませても問題はないとする「現代金融理論(MMT)」を提唱するステファニー・ケルトン米ニューヨーク州立大教授は15日、インタビューに応じ、2020年の大統領選に野党民主党からの出馬を表明したバーニー・サンダース上院議員の政策顧問に就くと明らかにした。左派色の強い国民皆保険制度など、公約に掲げる財政拡大策の立案に携わる。 ケルトン教授は16年の大統領選でもサンダース...

ツイッターのコメント(56)

@yumnonsugar 信用創造と言う金融の仕組みを考えると、
国がこの信用創造を利用していると言うのも
うなずけます。
実際、消費税が導入されても、国の借金は減らなかった。つまり国は借金を返す気はまったく無い。

MMT理論「現代金融理論」ケルトン教授、左派サンダース氏の顧問に
政府にとって都合の悪い真理をついた発言を国民から隠すには
それは嘘だと大きな声で言うよりも
同じような話を隣に並べてどれが本当かを分からなくする
考えるのが面倒だと思わせる
昔からやっている簡単なお仕事ですね
@hayashi_r 『ケルトン教授は「財政赤字を増やしても低インフレ環境では金利上昇やデフォルトは起きない」』
低インフレ環境という条件を付けているとは知りませんでした。
怖いです…
こんな理論が米国でまことしやかに支持されているなんて…

本当に恐ろしいです…

こんな風に
国民を畏怖させるトンデモ理論を振り回すのはもう止めにしませんか?
ケルトン教授「日本政府が自主的にデフォルトを宣言することはないと賭けてもいい」「債務が日本に負のコストを強いている証拠はない。財政拡大による経済成長を目指すべき」 ですよね(・ω・ ) : ケルトン教授、サンダース氏の顧問に
@jijicom素人には、単なる放漫主義にしか見えない。
この人の理論はどう評価すべきか悩む。
MMTの人。実験を米国でするなら興味深い。 / “「現代金融理論」ケルトン教授、左派サンダース氏の顧問に=米:時事ドットコム”
ケルトン教授、美人なせいかメディアで取り上げられることが多いな。
左派こそ飛び付く理論ではないのか
「現代金融理論」ケルトン教授、左派サンダース氏の顧問に=米:時事ドットコム
日本は「財政規律よりも財政拡大を優先し、失業者をなくすべきだ」「MMTは日本が直面するデフレの解毒剤になる」、消費税増税は「経済にデフレ圧力をかけることになり、間違いだ」と明言。

「現代金融理論」ケルトン教授、左派サンダース氏の顧問に
政府が借金をいくら膨らませても問題はないとする「現代金融理論(MMT)」を提唱するステファニー・ケルトン米ニューヨーク州立大教授。
「財政規律よりも財政拡大を優先し、失業者をなくすべきだ」と主張。
「MMTは日本が直面するデフレの解毒剤になる」
これ、本当に大学の教員がこんなことをいっているのか怪しいけど、本当ならアホすぎる。=>> 「財政赤字を増やしても低インフレ環境では金利上昇やデフォルトは起きない」
“今年10月の消費税増税は「経済にデフレ圧力をかけることになり、間違いだ」と明言” あと、現代”貨幣”理論 //
〈「MMTは日本が直面するデフレの解毒剤になる」とも語り、今年10月の消費税増税は「経済にデフレ圧力をかけることになり、間違いだ」と明言した〉>
多数の国民は貧困になる「財政規律」をしながら巨額の軍事費などに税金を使うより、財政拡大を目指し福祉などに失業者をなくしていくほうがいい。
経済をエネルギーシステムという物理的な視点から見れば、マンデル・フレミング理論など持ち出さなくても、財政拡大による経済成長が如何に荒唐無稽かが分かる。:
やっぱり日本人ってアメリカ様の大学教授とかが言ってくれると耳を貸すようになるな。

MMTで言われているようなこと言ってる人は何年も前からいたのに。
無税国家も可能?
国外から真っ当なご助言をいただきありがとうございます(笑)日本人として恥ずかしいばかりです…
課題もありますがMMTは部分的に賛成です。議論の輪が広がり財務省の矛盾を突く起爆装置になるかも。
さあて、日本の「経済を語る」左派はこれを受け止める気があるやなしや。俺は無視すると思うけど。
ごもっともな意見です!
現代金融理論じゃなくて、だけどね。キチンと訳してほしいな。
「「MMTは日本が直面するデフレの解毒剤になる」とも語り、今年10月の消費税増税は「経済にデフレ圧力をかけることになり、間違いだ」と明言」
「「現代金融理論(MMT)」を提唱するステファニー・ケルトン米ニューヨーク州立大教授は…2020年の大統領選に野党民主党からの出馬を表明したバーニー・サンダース上院議員の政策顧問に就くと…」|4/17時事:
本邦の財務省あたりに突っ込みたいのぉ
あ~「ポピュリズム」色見せないと十分票獲れないと思ってるんだろうなー。もし大統領選勝っても本当にこれやったらアウトだぞ…
当たり前のことしか言うてないんだけどなあ……。 / “「現代金融理論」ケルトン教授、左派サンダース氏の顧問に=米:時事ドットコム”
int
民主党までバブル推進になったら最後やんけ(絶望
「日本政府が自主的にデフォルト(債務不履行)を宣言することはないと賭けてもいい」>
ケルトン教授が日本の消費増税論議に参戦。
「「MMTは日本が直面するデフレの解毒剤になる」とも語り、今年10月の消費税増税は「経済にデフレ圧力をかけることになり、間違いだ」と明言した」
「現代金融理論」ケルトン教授、左派サンダース氏の顧問に
int


現代貨幣理論ね。意図的に誤訳するのはやめて下さい。もっとも、マスコミの偏向報道は、焦っている連中がいる証拠でもあるのだけど。
@the_rose_mark @jijicom 政府が借金をいくら膨らませても問題はないとする「現代金融理論(MMT)」
という出だし部分は誤り。

MMTは「財政赤字を増やしても低インフレ環境では金利上昇やデフォルトは起きない」という理論。「低インフレ環境なら」という「インフレ率制約」付きの理論である
//…財政規律よりも財政拡大を優先し、失業者をなくすべきだ」と主張「MMTは日本が直面するデフレの解毒剤になる」とも語り、今年10月の消費税増税は「経済にデフレ圧力をかけることになり、間違いだ」と明言「現代金融理論」ケルトン教授、左派サンダース氏の顧問に
掲載するのは良いが、取り敢えず、『現代金融論では無く、現代貨幣理論と、これを書いたライターは正確に訳せ』と、言いたい。
>政府が借金をいくら膨らませても問題はないとする「現代金融理論」を提唱するケルトン米ニューヨーク州立大教授は(中略)2020年の大統領選に野党民主党からの出馬を表明したバーニー・サンダース上院議員の政策顧問に就くと明らかにした。
政府債務を恐れる奴らが妄想を理由に緊縮を押し付けてくるのは洋の東西を問わない

>債務が日本(経済)に負のコストを強いている証拠はない」と指摘。

っていうかMMTを現代貨幣理論と訳さないのはなぜ?どうしても「金融」を入れたいのか?
バーニー・サンダースにMMTの顧問とか、日本に来て下さいよ。
MMTは正しい。日本人がいうと信じないが、外国人がいうと、信じる。嗚呼!
なーるほど。これか。

日経新聞にインタビューされて答えていること以外にも、米国で日本のことに言及されてるのかなー。
細かい所までは理解出来てませんが、僕はおおむねこの方の理論、賛同しています。

***
「財政赤字を増やしても低インフレ環境では金利上昇やデフォルトは起きない」
MMT提唱のケルトン教授

MMTは日本が直面するデフレの解毒剤になる

消費税増税路線は間違い

ゼロ金利は放置しておけばいい

日本政府が自主的にデフォルト(債務不履行)を宣言することはないと賭けてもいい

令和の政策ピボットと同じ内容。
なんだか随分と日本のことをゴチャゴチャ語ってるようだが……
笑える。なかなかホットな(新奇な!)イデオローグが入ったな。>
int

日本の反緊縮派もいっちょかみしたら。

財政規律よりも財政拡大を優先する
「MMTは日本が直面するデフレの解毒剤になる」
”「財政規律よりも財政拡大を優先し、失業者をなくすべきだ」…「MMTは日本が直面するデフレの解毒剤になる」…消費税増税は「経済にデフレ圧力をかけることになり、間違いだ」と明言”
「現代金融理論(MMT)」を提唱するステファニー・ケルトン米ニューヨーク州立大教授は15日、インタビューに応じ、2020年の大統領選に野党民主党からの出馬を表明したバーニー・サンダース上院議員の政策顧問に就くと明らかにした。
「政府が借金をいくら膨らませても問題はないとする『現代金融理論(MMT)』」
初っ端の一文からズコーッ!ってなる記事だな。
うわ~~~~!
【嘘くさいなぁ-極悪虚報:時事通信】
★経済学は物理学じゃないよ。人間の共同主観によって変化、決定論など有り得ない。デフォルトを回避する確かな財政政策は所得再分配しかないよ。
アメリカも変わってくる。時代が進むのがはやいな〜。
今こそキャッシュだけ握り締めていれば安心。
それだと儲からないから企業は現金はダサいという。
まっとうな学説
ただリフレおめーは駄目だ
これで吹け上がってそうなイメージあるわ
以上

記事本文: 「現代金融理論」ケルトン教授、左派サンダース氏の顧問に=米:時事ドットコム

いま話題の記事