TOP > 国際 > ゴラン高原のイスラエル主権認定=シリア南西部、占領52年-米大統領:時事ドットコム

ゴラン高原のイスラエル主権認定=シリア南西部、占領52年-米大統領:時事ドットコム

【ワシントン、エルサレム時事】トランプ米大統領は21日、シリア南西部のイスラエル占領地ゴラン高原について、歴代米政権の政策を変更し、イスラエルの主権を認めると表明した。政権の親イスラエル姿勢をさらに鮮明にしたもので、シリアのアサド政権や同政権に近いロシアとイランの反発を招きそうだ。...

ツイッターのコメント(14)

何でトランプが勝手に認定できるのか!
時事通信ニュース: ゴラン高原のイスラエル主権認定=シリア南西部、占領52年-米大統領.
トランプ、死ね。
これが21世紀の秩序か…
時事通信ニュース: ゴラン高原のイスラエル主権認定=シリア南西部、占領52年-米大統領.
int 政権の親イスラエル姿勢をさらに鮮明にしたもので、シリアのアサド政権や同政権に近いロシアとイランの反発を招きそうだ。
えぇ… / “ゴラン高原のイスラエル主権認定=シリア南西部、占領52年-米大統領:時事ドットコム”
イスラエルによるゴラン高原の占領は、国連安保理決議でも国際法違反とされている。トランプ大統領は「法の支配」を大前提とする現代社会に相応しくない。
第三次中東戦争(宣戦布告無しの奇襲攻撃)で国連決議にも反した長期占領を主権認定では、クリミア、北方領土、南シナ海なども(従来の実効支配に加えて法的にも)占領した者勝ちとなってしまう二重基準。
また争いの火種にならないことを祈ります。
トランプ大統領はシリア南西部のイスラエル占領地ゴラン高原について、歴代米政権の政策を変更し、イスラエルの主権を認めると表明しました。
【いくら速報のつもりでも3行だけはないやろ-極悪虚報:時事通信】ゴラン高原のイスラエル主権認定=米大統領
★クリミア自治共和国の法律による合法的なロシア再統合を違法だと非難する米国が、侵略占領したゴラン高原をイスラエルの領土だと主張する。やくざと同じだ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR