TOP > 社会 > 死亡女児、児相が一時保護=17年「父からいじめ」訴え-虐待死疑い捜査・千葉県警:時事ドットコム

死亡女児、児相が一時保護=17年「父からいじめ」訴え-虐待死疑い捜査・千葉県警:時事ドットコム

千葉県野田市の小学4年生の女児(10)が自宅で死亡し、父親の自称会社員栗原勇一郎容疑者(41)が傷害容疑で逮捕された事件で、女児が2017年、同容疑者からの「いじめ」を訴え、児童相談所で一時保護されていたことが26日、県警への取材で分かった。県警は、栗原容疑者が日常的に女児に暴行を繰り返した疑いもあるとみて捜査。死亡と暴行の因果関係を詳しく調べる。...

ツイッターのコメント(20)

虐待をする人間は
子供を虐待することで(子供が服従したと勘違いし)万能感やカタルシスを得る。これはいじめや猫殺しをする人間と同じ。だから彼らは子供を絶対に手放さない。
虐待は子供が生きていようがいまいが殺人行為です。
許せない!!
繰り返すが、アンケート渡した教育委はダメ。
でも、怒りをなぜそこへすり替える必要があるのか。教育に責任を押し付ける構図こそが一番危険だ。
地域からセーフティネットの機能を奪ったのは私たちなのだから、それに代わるシステム構築の要請や支援は自分たちの義務だよ。
「事件になる前に子どもを連れて逃げなさい」って言うのは、こういうこと。
全身にアザ…夏とか気づきそうなのだがなー
笑顔の挨拶の裏には…まるで羽川さんだ…
親の言うことを信用するからにはどういう担保を取ってるのか、いつも疑問。児童相談所預けになるということは、借りがあるのと同じだと思うのよね。おまけに人間そう簡単に変わらない。自宅に返すなら、それなりの実績がないとダメじゃない?
心愛ちゃんにご冥福をお祈りします。
こんな事件は腐るほど起きているが何も変わらない。国が動くべきだと思うが、今の政治はこれを美しい日本なのだと宣ふ。
こういう子どもを守ってあげられるシステムを早く作らないと。防げたはずなのだから、社会にも責任がある。⇒ 死亡女児、児相が一時保護=17年「父からいじめ」訴え-虐待死疑い捜査・千葉県警|時事ドットコム
一時保護しても、救えないのはなぜなんだろう…悲しい。
せっかくSOSを出したのに一時保護解除、又地獄が始まって辛くて苦しかったとおもう
そういうことだったのか。
父親と言われている鬼畜は「死ぬまで醤油を飲まされる刑」でいいだろ。1Lも飲めば逝くだろう。
/
糞チンコが ガキ作ってんじゃねーよ
ガキも まともに育てられねぇ奴は
マジで パイプカットせぇや
糞が! 胸糞悪い!
一時保護で家に返しその挙げ句に子供に虐待死⚠もう何度も繰り返している事だろう⚠ 
時事通信ニュース: 死亡女児、児相が一時保護=17年「父からいじめ」訴え-虐待死疑い捜査・千葉県警.
本人が父親からの を訴えていて、児童相談所に一時保護されていたこともあったそう。
2017年10月、警察に提供されたリストにも名前があった。
[→]
連れ子やろなぁ
死亡女児、児相が一時保護=17年「父からいじめ」訴え-虐待死疑い捜査・千葉県警 虐待は終身刑か死刑にしてほしい。自分より弱いものを、、胸糞悪い
またすか。
この手の事件はもう聞きたくないな。

死亡女児、児相が一時保護=17年「父からいじめ」訴え-虐待死疑い捜査・千葉県警
なぜ深刻なケースなのに、児相は親元に戻したのか。

周囲に「父親からいじめられている」とはっきりSOSを発しているのに。

本当にやりきれない気持ちに。
10歳の女の子を父親が何しに風呂場に連れて行く?児相の一時保護もあったのに何故戻った?
キチンと調べてください。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR