TOP > ニュース総合 > 時事ドットコム > 「バーナード星」...

「バーナード星」に惑星=6光年先、低温か-国際チーム:時事ドットコム

12コメント 登録日時:2018-11-15 09:23 | 時事ドットコムキャッシュ

 太陽に最も近い単独の恒星である「バーナード星(せい)」には惑星が存在するとみられると、スペインのカタルーニャ宇宙研究所などの国際研究チームが15日付の英科学誌ネイチャーに発表した。バーナード星は赤色矮星(わいせい)と呼ばれる小さい低温の恒星で、この惑星も生命に必要な地表の水が凍結している可能性が高いという。〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト 地球から約6光年と近いため、将来は高性能な望遠鏡で直接観測で...

Twitterのコメント(12)

いままで見つからなかったのは、昔バーナード星に惑星発見というガセネタが流布したので敬遠されてたのだろう、もしくは検出が難しい軌道だったかだ、どちらにせよ往年のSFで愛でられた名星の復権は喜ばしい。
太陽から6光年離れた恒星「バーナード星」に惑星が発見されたそうですね。バーナード星は連星ではない恒星としては太陽に最も近い星として知られています。
バーナード星に惑星が見つかったそうで感慨深い。

今みたいに系外惑星がポンポン見つかる前から惑星があるんじゃないかって言われてたものね。
へ?
バーナード星系って、惑星無いって言われてなかったか?

「バーナード星」に惑星=6光年先、低温か-国際チーム
「バーナード星」に惑星=6光年先、低温か-国際チーム - 時事通信ニュース @GoogleNews 時事通信ニュース
6光年って近いの(?)www
んほおおお
「バーナード星」に惑星=6光年先、低温か

> バーナード星は赤色矮星(わいせい)と呼ばれる小さい低温の恒星で、この惑星も生命に必要な地表の水が凍結している可能性が高いという。
> 質量は地球の3.2倍以上あり、バーナード星との距離は太陽と水星の間に相当する。
太陽に最も近い単独の恒星「バーナード星」に惑星が存在するとみられると、スペインの宇宙研究所などのチームが発表しました。
太陽から6光年、地球に最も近い恒星「バーナード星」に惑星 地表に凍結水か 将来望遠鏡で直接観測も=カタルーニャ宇宙研究所
惑星があるかもしれないって程度だったバーナード星に、233日公転の惑星が存在するって発表されたのか。
それにしても宇宙研究所の名前が素敵w
以上

記事本文: 「バーナード星」に惑星=6光年先、低温か-国際チーム:時事ドットコム

関連記事