TOP > 社会 > iPS細胞、患者移植=パーキンソン病で世界初-50代男性に、経過は良好・京大:時事ドットコム

iPS細胞、患者移植=パーキンソン病で世界初-50代男性に、経過は良好・京大:時事ドットコム

16コメント 登録日時:2018-11-09 13:28 | 時事ドットコムキャッシュ

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)から神経の細胞を作り、パーキンソン病患者の脳に移植する臨床試験(治験)を進めている京都大は9日、1人目の患者への移植を世界で初めて実施したと発表した。今後、腫瘍ができないかなどの安全面を検証し、2人目以降の移植に進む。 京大によると、移植手術は50代の男性患者に対して行われ、手術前と同様に会話や歩行ができるなど経過は良好という。 パーキンソン病は、脳内で...

Twitterのコメント(16)

他人の血液から作製したiPS細胞をパーキンソン病の患者の脳に移植する臨床試験が進められており、10月に1例目として50代の男性患者への移植を実施しました。...
このまま前進しますように!
今後に期待ですね!
これをずっと待ってた!!!
iPS細胞、患者移植=パーキンソン病で世界初-50代男性に、容体安定・京大
時事通信11/9:人工多能性幹細胞(iPS細胞)から神経の細胞を作り、パーキンソン病患者の脳に移植する臨床試験(治験)を進めている京都大は9日、1人目の患者への移植を世界で初めて実施したと発表した。→
この50代男性のパーキンソン病経歴、振戦、歯車的固縮、バランス、前傾歩行、動作緩慢、嚥下などの症状、そして薬処方履歴も、知りたい。
おーー(*•ω•)ノ~♫

このまま、上手い事行くと良いやねฅ(^ω^ฅ)
医療が更に進まる。。
ニュースを見て、「これ、翻訳祭で聞いた話だー」と思いました。→
素晴らしい前進。

iPS細胞、患者移植=パーキンソン病で世界初-50代男性に、経過は良好・京大
すごすぎん?笑笑

iPS細胞、患者移植=パーキンソン病で世界初-50代男性に、経過は良好・京大
iPS細胞、患者移植=パーキンソン病で世界初−50代男性に、経過は良好・京大
この朗報が患者様皆様の幸せに
どうか結びつきますように願ってやみません。
私の母もパーキンソン病で長い年月苦しみ、自宅介護になり10年前他界しました。

iPS細胞、患者移植=パーキンソン病で世界初-50代男性に、容体安定・京大:時事ドットコム
これはすごい

iPS細胞、患者移植=パーキンソン病で世界初-50代男性に、容体安定・京大
これは朗報。こういうニュースばかりだといいね

iPS細胞、患者移植=パーキンソン病で世界初-50代男性に、容体安定・京大:時事ドットコム
以上

記事本文: iPS細胞、患者移植=パーキンソン病で世界初-50代男性に、経過は良好・京大:時事ドットコム

関連記事