TOP > 科学・学問 > JAXA | H3ロケットの開発計画の見直しについて

JAXA | H3ロケットの開発計画の見直しについて

「H3ロケットの開発計画の見直しについて」を掲載しています。 -宇宙航空研究開発機構 JAXA(ジャクサ)は、宇宙航空分野の基礎研究から開発・利用に至るまで一貫して行う機関です。...

ツイッターのコメント(47)

H3ロケット、1年延期か…
>
まあ、試験中に問題確認されて、設計変更だから、しかたあんめ。試験中に問題点が出たのでヨシ!
ふむ?技術的課題とやらが書いてないじゃまいか。
やむなし!無理して失敗するよか…
1段目だからイプシロンSロケットにはあまり影響ない?
ちゃんとリスケ!
ちゃんと安全!
えらい!
(こうのとり(ISSへの補給ミッション)、2021年度からH3に切り替える予定たったはずなんだけどだけど、当面はH-IIBで凌ぐのかな)
現在H3ロケットの開発を進めておりますが、第一段エンジン用として新たに開発中のLE-9エンジンにおいて技術的課題が確認されました
技術的な課題…
不具合が見つかったら正直に公表するし、納期を適切に延期させるの、どこかの現場は見習ってほしい |
東京オリンピックも延期、H-3ロケットも延期

皆同じ延期フレンズなんだねー
どんな課題が見つかったのだろう。
» 「当初2020年度の打上げを目指していた試験機初号機の打上げを2021年度へ、2021年度の打上げを目指していた試験機2号機の打上げを2022年度へと計画を見直すことといたしました」
H3の打ち上げ延期か...
プレスリリースはこちら。
技術的課題ってそんなすぐに解消するレベルなんか…? -
「LE-9エンジンの技術的課題」のため

「2020年度の打上げを目指していた試験機初号機の打上げを2021年度へ、2021年度の打上げを目指していた試験機2号機の打上げを2022年度へ」
ふーむ🧐
のちほどヮィちゃんの見解を示したいと存じます、インスタにて🚀
H3来年に延期。ロケットエンジンの開発は本当に本当に大変。小さいエンジンでもものすごく大変なのを身にしみて毎日理解している。LE-9みたいな大型エンジン開発は一層苦労多いと思うので、うまくいくこと祈ってる。
LE-9エンジンにおいて技術的課題が確認。
技術的課題への対応を確実に行うために、当初2020年度の打上げを目指していた試験機初号機の打上げを2021年度へ、2021年度の打上げを目指していた試験機2号機の打上げを2022年度へ…
あらあら:
うわ、本来の初号機打ち上げまで半年を切った段階で出てくるLE-9の技術的課題って何だ? 本当に1年延期で間に合うのか??
およよ?LE-9に不具合?まあご安全に試験していただきたい。試験見に行きたいなあ。
LE-9エンジンの技術的課題で初号機の打ち上げを2020年度から2021年度へ変更とのこと。 2020年入ってから、開発側もなかなか開発や対応する情勢が大変だと思いますが
うまくリカバーできますように。
う~ん、やっぱりか、という感想(^^;
LE-9の燃焼試験も中断したまんまだったしなぁ。
ターボポンプ単体での試験は8月に終わってるようだから、種子島の方の燃焼試験の再開も近い?
「第一段エンジン用として新たに開発中のLE-9エンジンにおいて技術的課題が確認されました。」
あああう...(>︿<。)

H3ロケットの1段目、LE-9エンジンに技術的課題
試験機1号機を2020年度打上予定から2021年度へ
試験機2号機を2021年度から2022年度へ延期...

H3関係者さん、大変だとは思いますが頑張ってくださいね!
JAXAより入電。H3ロケットはLE-9エンジンの技術的課題により、初号機打ち上げを2021年度に延期。:
これまで聞いていた話では、LE-9は当初の計画より性能を落として運用開始し、後日改良型に変更するということだったが、そのための検証に時間がかかるのか、さらに問題が生じたのか。
ありゃ。これでHTV-Xの打上も延期で、ISSへの補給計画も見直しか。
今年度の打上はデータ中継衛星の1機のみに。

「当初2020年度の打上げを目指していた試験機初号機の打上げを2021年度へ、2021年度の打上げを目指していた試験機2号機の打上げを2022年度へと計画を見直す」
うぉ、H3ロケット初号機の打ち上げが、今年度から来年度に延期と。LE-9エンジンで見つかった技術的課題が原因とのことだけど、詳細は不明。会見の案内は今のところ来ていない >
東京オリンピックも無くなったし安全第一で!!
「第一段エンジン用として新たに開発中のLE-9エンジンにおいて技術的課題が確認されました…2020年度の打上げを目指していた試験機初号機の打上げを2021年度へ」
あらら.やはり一筋縄ではいかないか…
JAXAによると、開発中のH3ロケットの第1段エンジン「LE-9」において、技術的課題が見つかったことから、計画を見直すことのことです。試験機初号機の打ち上げは、当初予定していた2020年度から21年度へ、試験機2号機の打ち上げも21年度から22年度へ延期になるとのこと。
「開発中のLE-9エンジンにおいて技術的課題が確認」「当初2020年度の打上げを目指していた試験機初号機の打上げを2021年度へ、2021年度の打上げを目指していた試験機2号機の打上げを2022年度へと計画を見直す」
あら、H3ロケットの打ち上げ時期も見直しですか。
H3の打ち上げ計画が後ろ倒しになるようです。LE-9エンジンに技術的な課題が見つかったとのこと。
H3ロケットの打ち上げは1年延期ですか。
LE-9エンジンの技術的課題って何でしょうね。
もう少し詳しい情報が知りたい。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR