TOP > その他のニュース > 線路に落ちた人を助けにいくべきか? 「線路に降りないで!」JRアナウンスに賛否激論 : J-CASTテレビウォッチ

線路に落ちた人を助けにいくべきか? 「線路に降りないで!」JRアナウンスに賛否激論 : J-CASTテレビウォッチ

15コメント 登録日時:2019-04-15 13:23 | J-CASTニュースキャッシュ

「まずこれを見てください」と司会の小倉智昭が切り出したのは、11日(2019年4月)、京都府のJR山科駅で撮られた映像だ。非常サイレンが鳴るなか、線路に落ちた人をホームにいた男性客3人が飛び降りて救助した。手前には停車中の電車も見え、「係員がまいりますので線路に降りないでください」の駅アナウンスが響く。このシーンがSNSに投稿されると、賛否両論が巻き起こった。...

ツイッターのコメント(15)

* 不用意に助けに行って自分まで轢かれたら…あと新幹線のプラットフォームは在来線のそれより20cmほど高いので這い上がるのは困難。 
よって、一律に助けるべしという風潮を招いてはならない。 >
新大久保の件ももう遠い過去の話なのだろうか。
レール横に高圧電線流れたりしてるから、基本的には降りるべきではない
livedoor:


電車が止まれば問題はないが止まれないという最大のリスクを考えた時に一人殺すのと数人殺すのでは全く意味が違う。正義を語れるのは100%助けられる時だけだ
新大久保駅の事故の教訓は風化したか
線路に降りたとして

①電車が停止できない
→助けに行った人も死ぬ可能性が高い

②電車が停止できる
→ 結局出来ることは、救助隊員や駅員が来るのを待つのとできることは変わらない
高所からの落下なので、素人が安易に動かすべきでない

と思う
新宿のど真ん中の小田急の踏切もそうだけど、鉄道、偉そうだよなぁ(笑)
助けようとした人が巻き込まれて亡くなった事故を、もっと教訓にしてほしい。
JRの保線作業をした経験から言うと素人は絶対に線路内に入るな。列車は一方向から来るとは限らないし見張員がいる現場でさえ触車で死ぬ作業員がいる。砕石の上は足を取られレールで蹴躓く。舐めたらイカン!
どっちがいいって言えない話だよね···自分の命が大事か、人道的見解が正しいのか···
助けた人は命知らずのヒーローってことでいいんじゃない?(よくない)
JRのアナウンスに賛否。
JRは巻き添えが心配でしょうがない。
規定でがんじがらめのJRにしてみれば、勝手に何かされるのが一番困るのだろう。
人助けは大事だが、正義感だけで動かれると思わぬ二次災害が起こることも忘れずに。
JRだけではなくこういった馬鹿げたコンプライアンスだのルールだのが今の日本全体の首を締めている。
こんな事是々非々する話ではない。
つまり全てが萎縮し我関せずになり見て見ぬ振りに。
以上

記事本文: 線路に落ちた人を助けにいくべきか? 「線路に降りないで!」JRアナウンスに賛否激論 : J-CASTテレビウォッチ

関連記事