TOP > その他のニュース > 「ひとり10万円」小田原市長、J-CASTに語った真意 あいまい公約への批判、どう受け止める?: J-CAST ニュース【全文表示】

「ひとり10万円」小田原市長、J-CASTに語った真意 あいまい公約への批判、どう受け止める?: J-CAST ニュース【全文表示】

小田原市長の守屋輝彦氏(53)が544票の僅差で制した2020年5月の市長選挙で、選挙公報に「ひとり10万円」との公約を掲げていたことに疑問の声があがっている。この公約の意味するところは、市が独自に市民1人あたり10万円を支給する内容ではない。政府が実施している国民1人あたり10万円の特別定額給付金を迅速に支給するというものだった。「ひとり10万...

ツイッターのコメント(17)

100日後にもらえる給付金(10万円)/もらえました。

76日目。

小田原市長の守屋輝彦氏ねぇ。これも給付金詐欺の一種かな。
言い訳はいいからやり直し、もしくは給付するしかないだろ!!
小田原市長の詳しい目の「反論」。はたして。

【 あいまい公約への批判、どう受け止める?】
あ、自民推薦ね。またか。
言い訳にもなってない。面の皮が電話帳で出来てんちゃうか。辞職して二度と選挙に出ないで欲しい。公約は選挙の為の方便なんだな。自民党はこんなん推薦したんだ。
詐欺でしょ?自民系の政治家ってなんでこういう事するの?しかも近年は幼稚化していて、言い訳してつっぱねれば真実みたいな安倍化してる。恥を知れ!#守屋市長の辞任を求めます
国が実施中の施策を、自分の公約に掲げる必要は全くない。
「国の給付金迅速支給」の9文字なら入る!
どう見たって“市独自に10万円上乗せ”だろう。
地方から国の中枢まで、ウソつきが権力を掌握する民主主義。…がこの国の限界なのか。
気を付けてそれ本当?当選する為に
公約を説明しない
★ あいまい公約への批判、どう受け止める?(J-CASTニュース)

政治家は言葉の仕事だけに 、この件はどうなのかと思うです。
あと味の悪さは、前代未聞!当選即刻リコールかも(笑)
公約はあってないやうなものなので。。
こんなことが許されていいのか?
どうみても国とは別に市から10万円給付するように見えるよ。
辞職すべきだと思いますよ。
これ曖昧で済ますなら何でもありやんw /
インチキにもほどがあるね。
以上
 

いま話題のニュース

PR