TOP > その他のニュース > あいトリ、キュレーターらが吐露した「現場」の苦悩 津田氏は意義強調も...「目指していたことの反対に」 : J-CASTニュース

あいトリ、キュレーターらが吐露した「現場」の苦悩 津田氏は意義強調も...「目指していたことの反対に」 : J-CASTニュース

19コメント 登録日時:2019-10-07 18:51 | J-CASTニュースキャッシュ

国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の会期末が10月14日に迫る中、10月5日から6日にかけて「『情の時代』における表現の自由と芸術」と題した国際フォーラムが開かれた。主な論点のひとつが、企画展「表現の不自由展・その後」の中止問題だ。この中止が「検閲」だとして、10人以上の作家が展示をボイコットしたり、抗議の意思を示す意味で展示内容を変更したり...

ツイッターのコメント(19)

@MagnoliaAliceF マスコミでも朝日は特に異常です。アノ記事に出て来る「キボタネ」(希望のたね)の理事、岡本有佳氏は『表現の不自由展・その後』のキュレーターですが、そのキュレーターを擁護する記事を載せているJ-CAST Newsの歴代発行人もまた、AERAや週刊朝日の元編集長なのですから。
「炎上させてやる」津田と東が言ってた通りになっただけで、アーチストをいいように利用された事を、アーチスト自身が気づいていない。

、キュレーターらが吐露した「現場」の苦悩
和製英語だらけで何言ってるか分かんない。
英語カッコいいって思ってるよね
クラックとかシールズと同じだよね
金髪ムラサキ黒スーツ運動靴
「芸術」というツールを使えば何でも表現しても良いでは無いと思うが。
この記事読むと
津田って人か記者は、自分がなにいってるのかわかってるの?

口先だけの炎上商法だろ
税金を使うのに値するのか色々考える時期がきた
津田大介かいちいちおまゆうな件。元々分断はあった、SNSは世論じゃない、プラットフォーマが儲けてる等
このように騒動を起こして注目を集めるのが活動家です。本人は煽るだけで、問題解決どころか悪化させます。
ああいう人を芸術監督に据えたことがそもそもの間違い。/ 津田氏は意義強調も...「目指していたことの反対に」(J-CASTニュース)
何言ってるのかサッパリ解らん?
「SNSというのは、むしろ人々の分断や衝突を娯楽化して、お金に換えるテクノロジー

: J-CASTニュース
検閲というなら自分の家の前でやれば良い

そこでも国が介入するなら検閲である

国の予算にしがみついて検閲と言っても説得力はない
あんな嫌がらせみたいな展示しといて被害者面だもんな。あきれる

 津田氏は意義強調も...「目…
「あいちトリエンナーレ2019」、キュレーターらが吐露した「現場」の苦悩
|津田氏の独りよがりに付き合わされ、政治プロパガンダの片棒担ぐはめになってしまったキュレーターさんには、お気の毒に思う
ホンっと無責任もいい加減にしろや津田大介。
苦心惨憺という感じだが、芸術祭=アンコントローラブルとなってしまえば、次回開催が危ぶまれることにならないか。やや無責任にも読めてしまう/
 津田氏は意義強調も...「目指していたことの反対に」(J-CASTニュース)
自己愛性人格障害の罹患者ばかりで 本当に 愛知県大丈夫?
#あいちトリエンナーレ
以上

記事本文: あいトリ、キュレーターらが吐露した「現場」の苦悩 津田氏は意義強調も...「目指していたことの反対に」 : J-CASTニュース

関連記事