千葉台風関連の記事一覧

TOP > その他のニュース > 負け組に転落する中国の地方都市  高速鉄道誕生10年がもたらしたもの : J-CASTニュース

負け組に転落する中国の地方都市  高速鉄道誕生10年がもたらしたもの : J-CASTニュース

16コメント 登録日時:2018-08-05 10:56 | J-CASTニュースキャッシュ

中国初の高速鉄道、北京天津間鉄道が2008年8月1日に開通してから10年がたった。この10年の間に、中国の高速鉄道の総営業距離は2万5000キロにまで増加し、世界の高速鉄道総営業距離の3分の2を占めるまでになった。...

Twitterのコメント(16)

>この10年間をきちんと「清算」してみれば、高速鉄道建設ラッシュによる本当の受益者はその実、大都市・巨大都市であり、中小都市では逆に、産業と人材の流出という現象が顕著になっている。
高速鉄道誕生から10年 中国でもストロー効果。
サイフォン現象と書いてあるけど日本でいうストロー現象か>高速鉄道は中小都市にとって人口集中を助ける役割を果たしてはおらず、58%の都市の人口が減少している。 / “全文表示 |   高速鉄道誕生10…”
高速鉄道誕生10年がもたらしたもの〔J-CASTニュース:2018.08.05 10:00〕   鉄道が高速化され各地方都市と短時間で結べるようになるとどうしても大都市に人口が集中してしまうもの。それは日本も支那も一緒である🚅
日本も新幹線を開通させた影響で、東京をより一極集中にさせたのではないかと個人的には思ってる。
前から思うけど、この型の列車、ウルトラマンシリーズによく出てくるガッツ星人みたいだ!
高鉄もう10年経つのですね。最初は安全性とか色々問題ありましたが、今やすっかり移動手段として定着しました。出張時に頻繁に利用しています。都市部では便数も多く大変便利です。
高速鉄道誕生から10年
記事中の『サイフォン現象』という用語がよくわからないけど、これは日本語でいう「ストロー効果」の独特の表現かな。「サイフォンの原理」はむしろ水が高所から低所に流れて推移が平坦化することを言うので、この例に適していないのでは。 @jcast_news
沿線の大都市は勝ち組、大都市に挟まれる中小都市は負け組。でも沿線全体で見ればプラス。→
全文表示 | : J-CASTニュース
やはり人口の移動が大きくなるのね / 全文表示 | : J-CASTニュース
人間の経済活動は⁉️

人間の描いた通りには⁉️ならない‼️
ストローやねえ / “全文表示 | : J-CASTニュース”
以上

記事本文: 負け組に転落する中国の地方都市  高速鉄道誕生10年がもたらしたもの : J-CASTニュース

関連記事