民進党になっても大ブーメラン 「風刺画デマ」に釣られ、首相を批判するも... : J-CASTニュース

国会会期末を控えて野党4党が内閣不信任決議案を提出するなど与野党の対立が本格化するなか、民進党が相次いで「詰めの甘さ」を露見させている。民進党は、安倍晋三首相の伊勢志摩サミットでの発言を問題視している...

ツイッターのコメント(61)

@yamanoikazunori 山井和則「タイムズという最有力新聞も『あの大馬鹿野郎から逃げようぜ、逃げたほうがいいよ』と風刺画を載せて安倍首相を批判してる!」

風刺画の作者「それボリス・ジョンソン…」
柿●議員がジャパンライフから献金受けてたって件ググったらこんなの出てきたわ。
このレベルの恥ずかしい間違い。
(/ω\*) ハジカシー
本当にボリス・ジョンソンが首相になった。当時の民進党の事を思いだした。
ボリスジョンソン氏は、当時民進党の山井氏と玉木氏に風刺画を安倍首相と勘違いして両氏が大恥かいた印象しか…
あとタックル
ボリス・ジョンソンというと三年前に彼が次期首相候補に浮上した際のハードブレグジットに困惑する各国首脳陣を風刺した富嶽三十六景の風刺画に思いっきり釣られた民進党の山井和則議員らを思い出すよな( ゚∀゚)←
それとこの風刺画、割と特徴捉えてるよな。
これ思い出した。
@BongyariG @take_off_dress この風刺画の事ですね(笑)。アホですね。
こういう奴らに我々の多額の血税が支払われているということを意識して選挙にいかねば。
風刺画と違い、イギリスのEU離脱という津波から逃げるのには失敗しました。
 
PR