TOP > その他のニュース > 「オオカミ輸入してシカを駆除」論に注目 生態系を守る?子供が食い殺される? : J-CASTニュース

「オオカミ輸入してシカを駆除」論に注目 生態系を守る?子供が食い殺される? : J-CASTニュース

23コメント 登録日時:2015-06-06 11:42 | J-CASTニュースキャッシュ

日本では絶滅したといわれる「オオカミ」を海外から持ち込んで、増えすぎて農作物などへの被害が深刻な問題になっているシカやイノシシの駆除に役立てようと、日本オオカミ協会が訴えている。ところが、この訴えにインターネットでは大ブーイングが巻き起こっている。オオカミが日本の生態系を救う!日本オオカミ協会は、自然保護に携わってきた学者らが生態系の再生や保護などを目的に1993年に発足。...

Twitterのコメント(23)

マングースの二番煎じじゃないですかやだー 穴を埋めるだけじゃ留まらなさそうだよね
日本オオカミ協会って生態系回復のためオオカミの再導入を主張している団体だっけか。確かにこの団体に聞きに行くのはあまり筋が良くないね
昨日?だか
どっかのTV局でやってたんだけど
絶対に(=◇=;) やめろよな💢
注意 2015年の記事

そもそもオオカミ復活は北海道で検討されていたが提唱されて10年近く経つが進展は無い
反対だなあ。私は。
とりまオニヤンマを増やしてスズメバチ減らしてくれ。
鹿さえ食えればわざわざ人間襲うわけないし、ブラックバスの例だってニッチ被った奴を追いやったか交雑しただけでニッチの被る対象がいない日本じゃそれ例にならん。
熊も人を襲うことがあるのに、これはアカンやろwww
なんにしても結局は人の都合よね。オオカミ輸入したって、自然が人の思い通りになると思ったら大間違いだ。
日比谷開催も盛況でしたが、反対意見の質問はありませんでした。本当はそういうご意見を伺いたいシンポジウムなのですが。
折角米・独から客員をお呼びしているのに。
俺はニホンオオカミがいたからシカ、イノシシの数が抑制されていたっていうそもそもの前提に疑問をもつ派
カナダの場合は国立公園であって、そういう境界線が不明瞭な日本には適さないと、普通に考えればわかると思うんだが。→
奄美大島のマングースが教訓として生きてない。
人間の生活圏が無駄に拡大して野生の生き物の生活圏と被っちゃってるのがダメなんだろ
容易に捕えられる家畜を襲うようになるのは目に見えてる。だから、明治の人は狼を絶滅させたんだろうに>
アホか!!こんなの根本的解決にはならない事はボルネオ島の猫投下作戦や、沖縄のハブ対策にマングースを輸入してどうなったか、過去の事からもわかるだろうに!
逃げ足が早い鹿・反撃されるとヤバい猪なんて面倒臭いモノをわざわざ捕食してくれるかね?人里で野良イヌ化しそうなんだが・・・
西洋オオカミに、人間や家畜や屋外のペットなどが襲われることは無いのでしょうか??
キャンプをしていてオオカミに襲われたら危険だなぁ…。 (・_・;
だったら、ジュゴンも輸入して、沖縄の3頭の親子ジュゴンも繁殖させてよ。あ。辺野古沖には大して来ないからね。本島周囲を回遊してるから。

@jcast_news
/ 外来種がいかに生態系を破壊するか、何の教訓も学んでないのか?
日本で野生の狼が見れる日が来るかも
これ実は結構以前からある意見で、個人的には賛成かな。現実的に狩猟による調整は高齢化などもあってもう限界だろう。
以上

記事本文: 「オオカミ輸入してシカを駆除」論に注目 生態系を守る?子供が食い殺される? : J-CASTニュース

関連記事