TOP > その他のニュース > 和歌山県警科捜研主任研究員が書類捏造 毒物カレー事件捜査に波及する可能性ないのか : J-CASTニュース

和歌山県警科捜研主任研究員が書類捏造 毒物カレー事件捜査に波及する可能性ないのか : J-CASTニュース

16コメント 登録日時:2013-05-09 21:08 | J-CASTニュースキャッシュ

和歌山県警の科学捜査研究所(和歌山市)の元主任研究員が、証拠品の鑑定結果を上司に報告する際に書類を捏造した疑いがあるとして書類送検され、在宅起訴後に開かれた初公判で捏造の事実を認めた。この元主任研究員の勤務歴は25年以上に及び、4人が死亡した1998年の毒物カレー事件捜査にも関わっていた。不正は長期間にわたって行われた模様だ。...

Twitterのコメント(16)

@taklamDS この事件は不正捜査が行われた可能性が濃厚であり、不正捜査であれば冤罪であり、冤罪であれば何人も殺した真犯人が今ものうのうと暮らしているということになります。

送検されながら立件を見送られてしまったこの捜査官には今からでも真実を語って欲しいです。
なんで県警科捜研の不正が合わせて話題にさえ取り上げられ無いんだろうかね、いつも不思議。
カレー事件の科学捜査にかかわった人が証拠捏造していた件の記事を探していただいた。本当にこの事件は不可解なことが多い。冤罪だったら大変な事だ。
和歌山カレー事件もこういう話があってだな。

 毒物カレー事件捜査に波及する可能性ないのか:J-CASTニュース
やっぱカレーの件、冤罪なんかなぁ。【 J-CAST】
物騒な記事がまた…… / : J-CASTニュース
ヲイィ、和歌山県警科捜研、カレー事件が今頃不透明な状況になるのはゴメンこうむりたいんだが……
冤罪と言えば和歌山毒物カレー事件の毒物の成分分析を担当した人間が別の事件で鑑定資料を捏造したという話が出てて、 ..
毒物カレー事件捜査に波及する可能性ないのか: 和歌山県警の科学捜査研究所(和歌山市)の元主任研究員が、証拠品の鑑定結果を上司に報告する際に書類を捏造した疑いがあるとして書類送検され、...
すげえ名前
観阿弥世阿弥の仲間かな
- J-CASTニュース: 和歌山県警科捜研主任研究員が書類捏造 毒物カレー事件捜査に波及する可能性ないのかJ-CASTニュース和歌山県警...
(1/2) : J-CASTニュース 一人でもこういう人が出るとダメ。公務員で定員が増えているのは警察くらいなのにね。
起訴状などによると、能阿弥被告は10年5月~12年1月にかけて、変死事件など6事件の鑑定で、書類に過去の別事件の写真やデータを流用…J-CASTニュース
毒物カレー事件捜査に波及する可能性ないのか:
   和歌山県警の科学捜査研究所(和歌山市)の元主任研究員が、証拠品の鑑定結果を上司に報告す... [J-CAST]
少なくとも、司法一体で可能性無きものにするでしょ。 RT @jcast_news: 和歌山県警科捜研主任研究員が書類捏造 毒物カレー事件捜査に波及する可能性ないのか
う〜ん…捏造はなくならんのかね…(^_^;) QT @jcast_news: 和歌山県警科捜研主任研究員が書類捏造 毒物カレー事件捜査に波及する可能性ないのか
以上

記事本文: 和歌山県警科捜研主任研究員が書類捏造 毒物カレー事件捜査に波及する可能性ないのか : J-CASTニュース

関連記事