TOP > 社会 > 猛烈なかゆみ、網戸すり抜ける「スケベ虫」の被害増加 その正体は…:イザ!

猛烈なかゆみ、網戸すり抜ける「スケベ虫」の被害増加 その正体は…:イザ!

17コメント 2020-06-20 21:49  iza

鳥取県米子市や鹿児島県奄美大島などの一部地域で近年、「干拓虫」や「スケベ虫」などの通称で呼ばれる虫の被害が増えてきている。かまれると強いかゆみに襲われ、症状が1…

ツイッターのコメント(17)

すけべぇ…///
日本にもサンドフライがいるんだ?!ミャンマーとタイで刺された時は痒みが1年近く続くし酷い傷跡は残るしで本当に大変だったよ💦
もう名前からして嫌な存在😓
"鳥取県米子市や鹿児島県奄美大島などの一部地域で近年、「干拓虫」や「スケベ虫」などの通称で呼ばれる虫の被害が増えてきている"
何この名前(笑)
爆笑しちゃうんですけどー
すぐ蚊にさされるから、これ嫌すぎる…
🌴ヌカカ知らない🤔 ググってみたけど、一見コバエっぽいね。
🦟鳥取県や鹿児島で、
3月末~5月初旬が発生のピーク。
🦟沖縄は、2~5月発生。

よしさんの季節がやってきました✨
生物学的名称ですか、「スケベ虫」って😅笑える。
誰だよ、そんなおかしな命名したのは。
「島では、小さくて気付かぬうちに衣服の下に潜り込むことから、「スケベ虫」「エッチ虫」などと呼ばれている。」
鳥取県米子市や鹿児島県奄美大島などの一部地域で近年、「干拓虫」や「スケベ虫」などの通称で呼ばれる虫の被害が増えてきている。かまれると強いかゆみに襲われ、症状が1カ月以上続く人も。
死活問題。
今現在も蚊に食われすぎて痒くて寝られません。
スケベ虫、エッチ虫ってすごい名前やなw
スケベってwwww
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR