TOP > 社会 > 子の連れ去り、国争う姿勢 東京地裁で初弁論:イザ!

子の連れ去り、国争う姿勢 東京地裁で初弁論:イザ!

9コメント 2020-07-29 18:42 | izaキャッシュ

国が連れ去りを規制する法整備を怠ったため、配偶者に子供を連れ去られ、親権や監護権など憲法が保障する基本的人権を侵害されたとして、男女14人が国に1人11万円の賠…...

ツイッターのコメント(9)

東京地裁で初弁論

>「3年間、子供と話すことも会うこともできていない。なぜ同意なく連れ去った夫が監護者になることができるのか」

国に違憲性を問う理由の全てがこの言葉に集約されている。

なぜ同意なく連れ去った人が監護者になれるの?
森法相💢EU決議を真摯に受け止めていただきたい💢どれだけの子ども達が辛くて苦しんでいるか💢連れ去り拉致を禁止してください‼️
「3年間、子供と話すことも会うこともできていない。なぜ同意なく連れ去った夫が監護者になることができるのか」
他人事ではありませんね。誰でも同じ目に会うかもしれない。
悲劇だよね。巻き返すけど。
@morimasakosangi これはどういう事だ?
争う姿勢?
子の連れ去りが世界中から非難されていても
まだ子どもの拉致を隠蔽し揉み消し続けるのか?
#森まさ子法務大臣 #子供拉致国家
7/8のEU議会決議と併せて、この現実を広く皆さんに知っていただきたいです。
たったこれだけ?
この訴訟が起きたきっかけや背景、この訴訟とは何なのかを、国民は知る権利があると思いますが?
報道機関には、それを知らしめる責任があるはずです
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR