TOP > 政治・経済 > コロナ禍でコンドームが世界的品薄!? 最大手メーカーが生産減…日本でも外出自粛で高まる需要:イザ!

コロナ禍でコンドームが世界的品薄!? 最大手メーカーが生産減…日本でも外出自粛で高まる需要:イザ!

50コメント 2020-04-29 10:49 | izaキャッシュ

コロナ禍でマスクや消毒液が手に入りにくくなっているが、世界では意外な商品の品薄が警戒されている。世界最大手のコンドームメーカーが生産数の大幅減少を余儀なくされる…...

ツイッターのコメント(50)

やぱりそないなるのか...(笑)
来年はベビーラッシュなんかな?😝💓
有事のあとは出生率が上がるって聞いた事あるな〜

コロナ禍でコンドームが世界的品薄!?日本でも外出自粛で高まる需要
ちゃんと避妊してて偉いと思う。当たり前の事だけど。

来年は子供が沢山生まれるのか?
家庭内で使えてるならハッピーニュースじゃないだろうか。
--------------------
だよね。
娯楽がないとそっちに走るよね(笑)
昔の人は娯楽がなかったから子沢山だったわけだし。
コロナベビーブーム来たりして?
ふざけるな!コンドーム使うな!
買い占めが起きるのか!?
こういうのはどう?
無視もできないよな。
この際だから、とも思うけど?
周期の問題なんで、
何ともしようがないが、
自粛GW、NoSEXのワシはツライ
救いは、酒とメタル
一応買っといたけどドラッグストアで結構見る。
みんな性の喜びを知りやがって!!
海外では引きこもってパートナーとSE○はゴムつけりゃ平気だよ!とかテレビでやってたりするのかなぁ

うらや…なんでもない
自粛で暇だからって事かなあ…コンドームだけだと普通に感染すると思うけどw
これは非常にマズイな。性感染症を最も安価で確実に防げるからね。避妊率も高いし
こままいくと乱交オリンピックにも影響が出そうだ
一般の人はオリンピックの本当の姿を知らない
真実は乱交SEXをしたいがためにオリンピックを開催しているといっても過言ではない
だからコンドームを5万個を用意しているのだ
だからこそ中止を訴えている
田舎の子沢山が「やっごとねーがらね💕」と言ってたのは事実なんだね ★
買占めしなきゃ(?_?)
暇になった結果。
世界ではこんなところにも影響が!!
私には関係ない話です。
これも買い占められる???笑
まあTLのおまいらには関係の無い話やね
これだけ外出自粛だからそうなるわなと思うけど自分には全く関係ない話
外出自粛で
家にこもってばかりいるから…
することないから…

かと思ってしまった
ホント、ごめんなさい
NY大停電を彷彿させるなぁ
あらら~。『 最大手メーカーが生産減…日本でも外出自粛で高まる需要』
そんな品薄じゃなかったような…
いずれにせよ、今のアタシには関係無い。
コロナ自粛で少子化解消
日本復活か・・・
へぇ、そうなんだ。
うちは全く関係ない。濃厚接触は避けてる…という自覚。
あっ、コロナ前から避けられてた汗
家に居て他にやる事もないからしっかりすることをなさろうって魂胆かな?
※それはそうと妊婦がもしコロナに罹(かか)った場合、胎児に影響ないんだろうか?

 最大手メーカーが生産減…日本でも外出自粛で高まる需要
という事は、外出自粛は少子化対策になっている訳だ。実際にお産した世帯に最低でも100万円位は出したらどうか。
他にすることないもんね〜♂♀
うちは全然コンドームの需要がないよ....!!最後に買ったのは2年前?笑
ネタ的にあるアーティストの曲のタイトル思い出したが、それをひっかけるネタが悪趣味過ぎて書くのを止めた、いかんねえ暗黒面が大きくなってるわw。  @iza_edit
絶倫ですよもぅw
○○さん、お疲れ様やで(*´益`*)ニタァ
外出自粛で日本でも高まるコンドーム需要 カップルの時間が増えた? 選手村じゃねぇんだからよ…俺だって控えてるんだぞ(相手がいないだけ)
ははーーん。さては。
だから濃厚接触すんなっつってんだろ!
なんだその乳搾りしてるみたいな画像は!
今は、ゴム手袋などの医療用の供給が優先。
コロナの影響でコンドームが世界的品薄になるかも!?
理由の一つは、最大手メーカーが生産減。
二つ目は、外に出れないから家で…
みんな性欲は我慢できないよね☺️
外出自粛で日本でも高まるコンドーム需要 カップルの時間が増えた?
というよりも、世界的な出生率がかなり上がると考えている。夫婦にしても、カップルにしても、セックスが一番金が掛からないから。
買いだめ?いる?
少なからずこうなるとは思ってた。外出自粛で健康でパートナーが居ればそうなるわな
この記事 ちゃんと調査したのか?
記者の主観で書いてないか?
インドのカップル何人に調査したのか?
個人使用で消費増かもしれんじゃまいか🤪
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR