TOP > 科学・学問 > セシウム吸収 植物の力 岩手大の准教授ら、タンパク質2種発見 | 岩手日報 IWATE NIPPO

セシウム吸収 植物の力 岩手大の准教授ら、タンパク質2種発見 | 岩手日報 IWATE NIPPO

13コメント 2021-02-17 07:08  岩手日報

岩手大農学部植物生命科学科のラーマン・アビドゥール准教授(植物分子・生理科学)らのグループは、セシウムを効率的に取り込む植物タンパク質2種を突き止めた。2011年の東京電力福島第1原発事故では広範囲の...

ツイッターのコメント(13)

どんな物質にも弱点はあるはず。セシウムの脅威を乗り越えられるかもしれない希望の光だな。🌄
期待してます。
これなかなかすごくね
:2/17 岩手日報
岩手大農学部植物生命科学科のラーマン・アビドゥール准教授(植物分子・生理科学)らのグループは、セシウムを効率的に取り込む植物タンパク質2種を突き止めた。
取り込んだ植物とセシウムはその後どうなるのかが気になる。研究がどんどん進むと良いですね
岩手大農学部植物生命科学科のラーマン・アビドゥール准教授(植物分子・生理科学)らのグループは、セシウムを効率的に取り込む植物タンパク質2種を突き止めた。原発事故では広範囲の土壌が放射性セシウムで汚染され、除染土の最終処分が課題となっている。
岩手大の准教授ら、タンパク質2種発見 では、そのセシウムを吸収した植物をどう処分するの?
まさか堆肥にするわけないよね?生物濃縮して危険だし。
燃やしたら拡散するかもしれないし。
科学者とは、こういった結果だけを狙って研究している訳ではなく、自らの興味を抱いて、深く潜っていく人たちであることを、どれだけ正しく理解されているんだろうか?
ラーマン・アビドゥール准教授のご出身がどちらなのか、知りたいです。とて良い研究です。/
実用化できるかどうかは分からないけど、そんなタンパク質あるんだぁ、、、
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR