TOP > 社会 > 県産木材で校舎改築 九戸村・伊保内高、来年8月使用開始 | 岩手日報 IWATE NIPPO

県産木材で校舎改築 九戸村・伊保内高、来年8月使用開始 | 岩手日報 IWATE NIPPO

3コメント 2020-09-05 20:21  岩手日報

県教委は九戸村伊保内の伊保内高(高橋良一校長、生徒76人)の校舎改築工事を行っている。現校舎は整備から50年以上がたち耐震性が低いため、敷地内に県産木材を使ったぬくもりのある管理教室棟を新設。来年8月...

ツイッターのコメント(3)

新設の校舎なのに、昔懐かしの雰囲気を感じるw / 九戸村・伊保内高、来年8月使用開始(岩手日報)
「県産木材を使ったぬくもりのある」だど、「他県木材を使ったとげとげしい」でねくて、まんつ、ほんとに、いがったナハ。/
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR