TOP > 社会 > 東北ILC推進センター発足 岩手宮城の自治体や大学22団体 | 岩手日報 IWATE NIPPO

東北ILC推進センター発足 岩手宮城の自治体や大学22団体 | 岩手日報 IWATE NIPPO

7コメント 2020-08-08 08:21 | 岩手日報キャッシュ

国際リニアコライダー(ILC)の実現に向けた新組織「東北ILC事業推進センター」が6日、発足した。建設候補地とされる岩手、宮城両県の自治体や大学など22団体で始動。世界の研究コミュニティーが国際推進チームを設立して本格的な準備に着手した流れ…...

ツイッターのコメント(7)

# ILCサポーターズ
日本が負担する予算は400億円ほど。これを全額政府が支出すれば岩手・宮城は関連する事業への支出で済む。

政府がお金を出せば国民が助かるという基本的事実で緊縮体質を転換しましょう。
「国際リニアコライダー(ILC)の実現に向けた新組織「東北ILC事業推進センター」が6日、発足した。建設候補地とされる岩手、宮城両県の自治体や大学など22団体で始動。」
ILCは、20kmの直線トンネルに設置される超伝導加速器と素粒子を検知する高性能検出器から構成される。計画実現には立地地域の協力が不可欠。新しい組織に期待しています!
東北 ILC 推進センター発足  (岩手日報 2020.08.08)
- 岩手日報 (宮城県関連)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR