TOP > 政治・経済 > 西和賀のビール 再び 沖縄・ヘリオス酒造が発売 | 岩手日報 IWATE NIPPO

西和賀のビール 再び 沖縄・ヘリオス酒造が発売 | 岩手日報 IWATE NIPPO

10コメント 2020-08-06 18:24 | 岩手日報キャッシュ

総合酒類製造販売のヘリオス酒造(沖縄県、資本金4500万円、松田亮社長)は6日、西和賀町の沢内醸造所で製造したビールを新発売する。同町の地域ブランド「ユキノチカラ」を冠した3種類で、同醸造所の生産は当面、このブランドに集中する。銀河高原ビー…...

ツイッターのコメント(10)

銀河高原撤退後は『ユキノチカラ』と。今後は見掛けたらこちらを買おう。
地域×地域
新しいビール楽しみですw
(地域販売先行で沖縄ではまだ売ってないみたい…)
そよ風のケルシュ終売に泣いていたけど、救われてた
おかえりおかえり!!
青い瓶ビールは魅力的だ。むしろこちらが銀河高原ビールなんじゃないか。

銀河高原ビールが飲めなくなり、中の人はハラハラしましたが、ヘリオス酒造さんが復活に導いてくださいました!🍻

県内のリソースだけでは難しくても、岩手の繋がりを活かせば大事なものを守れる事例。それが !
設備も瓶も基本ラインナップもほぼそのまま銀河高原ビールっぽいな
飲み比べするの楽しみだし、元の銀河高原ビールのままだったら嬉しい
今のやつはちょっと後味が鉄っぽくてクドかったし
うおぉぉぉぉぉ、真の銀河高原ビールktkr
今朝の岩手日報にも載ってたけど
沖縄のヘリオス酒造さんに感謝。
ヘリオス酒造さんといえば国産ラム酒も旨い
これは嬉しい。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR