TOP > 社会 > 県教委、再発防止へ点検要請 バレー部員自殺で校長会議 | 岩手日報 IWATE NIPPO

県教委、再発防止へ点検要請 バレー部員自殺で校長会議 | 岩手日報 IWATE NIPPO

4コメント 2020-08-04 16:47 | 岩手日報キャッシュ

2018年7月に当時不来方高3年生でバレーボール部員だった男子生徒=当時(17)=が自殺した問題で、県教委は3日、盛岡市内で臨時県立学校長会議を開いた。教育現場の対応を不適切とした第三者委員会の調査報告書の内容を共有。二度と悲劇を起こさない…...

ツイッターのコメント(4)

またお決まりの所謂パフォーマンスです。
教委及び学校には再発防止の意向すらなく再発防止策を求めること自体が誤りです。
「SOSを発していたと思われるが対応が不十分だった」ではなく「SOSを発していたが対応しなかった」ではないでしょうか。文字遊びは止め事実は正確に。
具体策のない抽象論・精神論・机上の空論「点検、改善」。
全国津々浦々、全くやる気がない
大学進学が人質になってたのか!これじゃ、桜宮高のバスケ部のケースと変わらないし… →県教委、再発防止へ点検要請 バレー部員自殺で校長会議
県教委、再発防止へ点検要請 バレー部員自殺で校長会議 部活に限らず学校生活を送る上で生徒が問題なくいじめも無いようにして欲しい
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR