TOP > 社会 > 「県外車でも県内在住者です」 金ケ崎の業者、シートを町に寄贈 | 岩手日報 IWATE NIPPO

「県外車でも県内在住者です」 金ケ崎の業者、シートを町に寄贈 | 岩手日報 IWATE NIPPO

11コメント 2020-05-15 11:50 | 岩手日報キャッシュ

金ケ崎町三ケ尻の看板製作業・キリ美装(桐山昭夫社長)は県外ナンバーの車を所有していても県内在住であることを示すシートを作り、14日、同町に寄贈した。新型コロナウイルスの感染防止で県境を越える移動の自粛が求められる中、県外ナンバーの人も安心し…...

ツイッターのコメント(11)

同じ日本に住んでいるのに戦国時代かよ、って思ってしまうコロナ騒ぎ。
なんやかんやで、金ヶ崎は町民に優しいんだろうな。北上はごみ袋も高いし(´д`|||)
これ欲しいわ、、
(岩手日報)
こんなものを掲示しなくて済むのが本来のあり方なはずなのに。世知辛さにイライラする。 /「県外車でも県内在住者です」 金ケ崎の業者、シートを町に寄贈(岩手日報)
こういうのが必要な社会ってどうなんですかね…。
これは良かったり… →
差別する人もいれば、平等する人もいる。これが、日本に於ける「平等する」の最初の用例となったtwです。/
沼津、富士山ナンバー沢山いるからねぇ。
こっちに出張で長い間来てる人は車持ってきて仕事してるから仕方がないのよね。
さすが❗️キリ美装さんです👍
「問題ありません私達は分かってます」という配慮の心vs「けしからん」という誤解からくる差別のせめぎ合いによる産物。本来ならば使わなくても良いことが理想であったかも知れませんが。。。
これ悪用されなければ良いな
以上
 

いま話題のニュース

PR