TOP > 社会 > 消えたマスク、どこへ 品薄解消めど立たず | 岩手日報 IWATE NIPPO

消えたマスク、どこへ 品薄解消めど立たず | 岩手日報 IWATE NIPPO

10コメント 2020-04-03 12:06 | 岩手日報キャッシュ

新型コロナウイルス感染症拡大でマスクの品薄が続く。安倍晋三首相が全世帯に布マスクを2枚ずつ配布する方針を示したことに対し2日、「何をいまさらと怒りが湧きました。なぜマスクがないのか?」と特命取材班に疑問が寄せられた。安倍首相は月7億枚超への…...

ツイッターのコメント(10)

結局どこに行ったのか分からなかったということなのか?
★ (岩手日報)

”国内で販売されるマスクは7割以上が中国製。同国の生産は少しずつ持ち直しているものの世界に感染が拡大し、日本への輸出回復のめどは立たない”
しゃーない、という事ですね。
どこへもなにも、7億枚/月で足りるわけないでしょうに。
仮に医療機関優先等の措置を取らずに市場に全部放流したとしても、日本人の1/3が毎日マスクをすると17日で全部使い切る量。
妄想ですが、数億のマスクは、国内に配布される直前に、日米間で密約の上、米に全て送られた。

仕方ないので、アベノマスク配布って流れじゃないの?笑笑
子どもたちの学校が始まるのだけど、どうしたらいいのかね。 :
岩手
安倍晋三首相が全世帯に布マスクを2枚ずつ配布する方針を示したことに対し2日、「何をいまさらと怒りが湧きました。なぜマスクがないのか?」と特命取材班に疑問が寄せられた。続
岩手日報の読者からの問いに、特命取材班が取材する。
転売する馬鹿や買い占めするアホがいるからでしょ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR