TOP > 社会 > 専門医ら6人、要否投票 本県PCR検査 「絞り込み」は否定 | 岩手日報 IWATE NIPPO

専門医ら6人、要否投票 本県PCR検査 「絞り込み」は否定 | 岩手日報 IWATE NIPPO

20コメント 2020-04-26 10:52 | 岩手日報キャッシュ

新型コロナウイルス感染症が拡大する中、感染の有無を調べるPCR検査の実施数が全国最少の本県。東京新聞(東京都)や本紙の特命取材班には「岩手では、医師が必要と判断しても検査ができていないのではないか」などの疑問が寄せられている。専門外来で診察…...

ツイッターのコメント(20)

岩手県が感染者ゼロと言うのもあやしい。高熱や症状があっても県の委員会が検査をするかいちいち「投票」で決めているという異様さ。単に極度な検査抑制と排他性がゼロと言う数字を作っていると思える。
@Eileench @chloe_yumiko ここにゼロという結果が集約しているのでは?
選別しているのではと・・・
@moeladog 山形の検査推進は聞いたことあります。
岩手ってそうなんですか…情報ありがとうございます。
おかげでソースも発見できました。
岩手県、そんな制度になってるの。> 『感染症の専門医ら6人が投票制で(PCR検査の)要否を決める独自の仕組みがある』
投票って・・えっ?他の都道府県は投票してんの?
岩手県独自ルール?!
あ、これの事?爆笑www!!

「県医療政策室の三浦節夫感染症担当課長は「専門委が絞り込みになっていることはない」と説明する。」
今まで検査を受けるのに専門医ら6人による要否投票が必要だったが(これが相談数に対して低い検査数に繋がってたと思う)撤廃された模様。闇雲にやるのではなく疑いがある方が受けやすくなれば。
この独自の仕組みが絞り込みなんだっつーの❗️💢
委員の投票で実施の可否を決めている
岩手県の調べない体制。
専門家がしっかりはじく!
岩手のコロナ検査は、するかしないかを、4人の偉いおじいちゃん医師の投票で決めてるって噂では聞いてたけど、、、ニュースで普通に肯定されてるし😅💦
投票で決めてんの?医師が必要と判断して保健所に連絡しても、ものの数分で「渡航歴、濃厚接触がないから対象外」って返事来るんですけど…
保健所に電話相談→帰国者・接触者外来問診した医師が判断→(岩手県はさらに)県感染症対策専門委員会が検討、委員の投票で実施の可否を決定(←減ることはあっても増えることはないですね)。
唯一陽性ゼロの岩手県
相談件数:5465件(4月23日)
PCR検査数:300件→陰性(4月26日)

検査の目標がゼロ維持になっている気がするといいたいけど重症者がいれば分かるから無症状ばかりとか?
ここまで検査受けるためのハードル高い岩手はどうなってんだ…
やっと実態が分かりました、こういう事だったんですネ。/
こんなシステム初めて知った❗
本県は25日午前8時までに計288件のPCR検査を行い、全て陰性だった。県内の帰国者・接触者センターへの相談は、21日までに計5178件あった。
以上
 

いま話題のニュース

PR